diary

1122

昨晩はたくさんお酒を飲んだので今日はだいたい終わっていました。仕事はなんか調査してたらだいたい終わってしまった。オフィスで契約しているプロバイダーは、IPv6アドレスを固定できないらしい(けっこうそういうところあるようだ)。なんだそれ。そんなのどうやってIPv6を使えばいいっていうんだ。普及のしようがなくない??とりあえず今回問題になっていた子は急いで直したいのでUbuntuの設定でIPv4を強制した。悲しいことだ。

あとはオフィスの停電に備えたシャットダウンなど。どういう順番でシャットダウンすると最後までインターネットが使えるのかよくわからない。DNSが死ぬと終わるのはまあわかるんだけど。


2019から2013を引き算するとわかることなんですが、僕はすでに会社員七年目に突入しているっぽいんですよね。怖い怖い。この六年でなにか成長したかとかは知らないけど、まあ成長とかしなくていいならしたくないので、とりあえず六年間食ってきたことには賞賛を送ってもいいと思いますね。いやあ、よくがんばったよ。来年もがんばろう。
六年やってみて思うのは、結局僕は「あれができます!」とかじゃなくて、「やれって言われればだいたいのことはできます」みたいなのの幅で食っていくことになるんだろうな、ということかなあ。実際そこそこのことはできると思うし。そこそこどまりなんですが。それでいいことってのはけっこうあると思うので。


明日はfとYとで馬刺を食べる。夜。昼間は暇のはず。寝るか。ちょっとはプログラミングするか。