diary

1121

喉の痛さがなんだかぶり返していて不穏。体調がひどく悪いという感じではないのでそれ自体は構わないんだけど、喉の痛さは体調の悪さと強く相関すると考えられているので、不穏。


仕事は今日もなんかばたばたしてた。別プロジェクトのサーバーサイドのトラブルの助言とかしてた。助言してて思ったけど、「サーバーサイド」と大雑把に括られている領域はけっこう広いなあと思う。「基礎教養」と思って知識を並べていくだけでけっこうな量になってしまう気配がある。一人で担える広さではないのでは。L3からL7までというのは。

夜はノミカイ。別事業部に新しく来てくれた人を呼んだのだけど、どうも僕とは肌が合わない。でもまあ、肌が合わないということを確認するところまで今日できたので、それ自体は有意義かなと思う。別に僕だって肌が合わない人と同じ会社に勤めてるのが嫌だってことはないし。ただまあ、あの人は単に理屈と名のつくものには全部反論したいだけ、かつ、とりあえずポジティヴに受け止めるのが善いと思っているだけ、という可能性はあり、まあ、難しいなあと思う。

僕は僕が善だと信じることを行為しない自由を持っているし(それこそが自由という語の意味だ)、僕だけが〈僕〉であるということは決して僕が僕以外の存在を尊重しないという意味ではない。そういったことを一度で理解してくれる人は本当に少ない(いや、まあ言語で伝えられることではないので当然ではあるのですが)。何度言ってもそれらを区別してくれない人のほうがたぶん多いのは知っている。でも僕は同じことを言うしかないし、言うだろう。それだけが〈真実〉なので。


明日は金曜日だけど出社します。オフィスのビルが週末に停電するので、社内システムをシャットダウンしないといけないから。それ以外の時間は、まあ普通。たぶん明日は比較的コードを書けるんじゃないかな。どうかな。