diary

1004

仕事はなんか上長と面談とかした。した、ってかまあ僕が頼んだんだけど。社長が思いつきで行動することに対して不信感がありますという話をした。上長はまあそのあたりについては理解を示してくれたので僕の気持ちは収まったけど、この件自体がどう決着するのかはよくわからない。ただまあ、今回の件は完全にプロセス的に問題があると思うのでそれは止めるだろう。

あとはiOS13対応とか不具合直してたら終わった。なんか知らんうちに終わる平日ってのが一番いいよね。仕事なんかで喜怒哀楽を消費したくない。

夜は映画を見た。「トゥルーマン・ショー」。途中までは完全に好みの展開だったんだけど、結末が平凡だったので逆にがっかりしてしまった部分がある。いや、あのさ、まあ序盤からちょいちょい挟まっていた「これはフィクションですよ」描写が途中で決定的になって、スタジオの音響の人がBGMを調整するじゃないですか、この瞬間に僕たちは、「第三のレベルの現実」、つまり、トゥルーマンの現実、それを見ている観客の現実、そしてそれを見ている僕の現実、その第二と第三とが接続するんですよね。そこで僕は、ああ、この作品の企ては、つまり第一と第二の現実の関係を類比的に第二と第三(僕ら)の現実に接続することで何か僕たちの世界観を掘り崩してくるんだ!と期待したのだけど、あまりそういう感じではなくて、単に第一現実と第二現実との関係を解消しただけで終わってしまった。なのでがっかり。途中までは本当におもしろかったんだけどさ。うーん。


明日はねておきたさんとほこらんさんと合羽橋に遊びに行きます。夜はなんかプログラミングとかしようかな。