diary

0907

特になにもしていない。考えごとをしたりしたけどだいたいは寝てた。進化心理学の本を読んだ。進化論そのものに対してはまあおおむね妥当だと思うんだけど、「進化論的説明」というやつは往々にして胡散臭くなりがちなきらいがあるのよね。そもそもすべての形質が淘汰によって作られたというのは非自明な前提だと思うし、具体的にどんな淘汰が本質的に効いたと考えられるべきなのかは僕らにはわからないし。もちろん彼らはそんな批判は想定しているから、反証可能性が担保されている事例を持ち出して反論したりもするのだけど、それはどちらかというとレアケースなのではという気もするんだよな。まあ、だとしても彼らの着眼点が興味深いことに変わりはないし、そういう学説的裏付けがなければ広く知られることのない統計資料なんかもあるだろうけれどもね。ただあれだね、進化論に拠ってしまった瞬間にそれは生殖可能性の増大ですべてを説明しようとする力を生むんだよね。あと心理学なので「僕らがどのように意図して行動しているか」ではない「本当の」意図、みたいなのが存在することにされるし。こういうの、僕はわりと警戒心を持つなあ。


明日はねておきたさんとほこらんさんと東京藝大の学園祭に行くつもりです。藝大のお祭りってどんな感じなんだろ。まあ僕は自分の大学の学園祭もほとんど参加したことがないですが……