diary

0606

立てば芍薬 座れば牡丹 実はサイコな 電波さん


仕事は不具合対応……と思ったけどあんまり不具合残ってなかったのでわりかし暇。わりかし暇だったのでアニメイションのチューニングとかをがんばっていた。「いい感じ」のアニメイションを試行錯誤している時が一番「生きてる」って感じがする(過言)。とりあえず完成したので明日デザイナーさんに見てもらおうと思う。
あとインタラクティブトランジションをキャンセルすると何もかもが終わる不具合も直した。今回のプロジェクトのアーキテクチャで一番しんどいのはNavigator部分なんだけど、これはもうすこし時間を掛ければよくなるんだろうか(それ以外の部分に関してはまあまあ気に入っているので、もし次に僕が新規案件に着手することがあったら大いに参考にしたい)。

いま手伝っているプロジェクトは、とてもいい雰囲気で進んでいると感じられるのでよい(まあ僕が手伝わなきゃいけないくらい進捗がヤバいという話はあるんだけど)。僕がメインで持ってる案件はコードが厳しいのでしんどい。でも僕があっちに移れる可能性は低いだろうと思う(というかそんなコンバートが発生するとしたら会社的にヤバい)。いまのプロジェクトも来年にはフルリニューアルできる「可能性がある」んだけど、それまで闘うのが辛いんだよなあ。

そういえば前にgit archiveでzipを書き出すとファイルパーミッションがおかしくなるという事象の話を社内でしたんだけど、gitのソースコードを読んだところいくつかの誤解が発覚した。まず、zip形式はファイルパーミッションを保存するようにはできていないので、それは当然壊れるということと、それでもいくつかの圧縮ソフトウェアはメタデータとしてファイルパーミッションを保存する(gitもそうしている)のに、macOSのアーカイブユーティリティはそれを無視するらしいということ(たとえばターミナルでunzipするとファイルパーミッションは保存される)。ウーン、これはどうしたらいいのかなあ。ソースコード納品するときにgit archiveでzipを出すことはよくあるんだけど、ぜんぶに実行権限ついちゃうのはあんまりうれしくないんだよな。tar.gzとかにすべきなんだろうか。というかアーカイブユーティリティはそこんとこ気を利かせてくれよ……。