diary

0102

日付が01で始まるの、慣れないと寂しいですね。


「想像の共同体」読みました。個別の事例については世界史と近代史の知識がないのでなかなかぴんとこないところがたくさんあったけれど、共同体が想像されてゆくということへの想像力を持つことができるようになったのはよかった。


母方の親戚と会食。母が典型的な「親戚のうるさいおばさま」になっていて、まあ、予想されたことではあるけれども、ウームと思いました。ウーム。


さて、明日は父方の親戚と会います。夏休みの印象だとしんどそうだなーという感じ。それが終わったら新幹線で東京に戻ります。これで冬休み終わりかよ、信じらんねー。