diary

1212

仕事はなんだっけな。見積もりをちょっとやった。最近ずっとやっていたあんまり現実感のない見積もりももうおしまい、のはず。やれやれ、終わってみると寂しいものですね。そんなことはないんですが。

あとは別プロジェクトの申請作業とか納品とかやっていた。長いこと動かしていない案件ってのはいろいろ錆び付いていて動かすのに難儀しますね。まあでもこれも今回はこれで終わりでしょう。

あとは……なんか憤っていました。結局まあVALUEについて考える必要があるらしいんですけど、僕はそもそもこれを拒絶したいんですよね。僕たちがやりたいことってこんなことじゃなかったはずなのに、まったく説得的な根拠なしにそれを全部取っ替えてしまおうとしている、その動きに不信感を抱いている。なんとかしてそれをうまく伝えられたらと思うのだけど、僕はもう会社上層部とまともに会話する気にはなれないんだよね。どうしたものかなあ。今日もなんか不毛な口論を目にしてしまって辛くなっちゃった。なんなんだあれ。飲み会で絡むのとはわけが違うんだぞ。

夜はのんびりと読書をしました。とりあえず近代西洋思想における道徳の基礎付けはルソー派とカント派とがいるんだがどちらにも微妙な点があり、ところで孟子という古代中国の思想家はこんなことを言うてるんですよと著者が挟んでくる。なんかこう、単なるエキゾチシズムと言ってしまえばそれでおしまいなのかもしれませんが、中国の思想ってのは西洋とはぜんぜん違った前提を持っていておもしろいですね。やっぱりそれは、キリスト教的な神と人間理性との対立みたいな構図を経験しなかったためにそうなっているんだろうか(あるいは西洋の伝統がそういう構図を作ったというだけかもしれないが)。おもしろい。どうでもいいが僕はカントとニーチェを読まなければいけないと何年も言っているんだが。


明日は自宅で仕事。そういえば耳鼻科の予約をしたので行きます。一年くらいほったらかしてた副鼻腔炎的なものをそろそろなんとかしたいんだよね。なんとかなるのか知りませんがね。