diary

0930

h.b. > κ.

ついに四半世紀を生きてしまいました。四捨五入すると30です。うわっ。うわっっ。

誕生日というとどうしても内面的な節目になるし、まあ昨日の手続きのこととかもあって、この一年をちょっと総括しようかな、なんて気分になるのだけど、眠いので考えていません。
この一年、健康状態がどんどん悪化してしまったし、精神的にもなんだかいろいろなことが億劫になってしまった感じがあります。人付き合いとかそういうことのコストが。それに加えて自分自身の人格への失望や諦めが支配的になってしまって、僕はもはや他人とまっとうな人間関係を構築することなどできないしすべきでないし望むべきでもないのだ、みたいな確信めいた想いが強くなってしまった。なにもかもが面倒にしか思えないし振る舞えないのに、僕はたしかに寄り添う他者を必要としている(ほんとうに?)。なんなんだこいつは。
僕は誰かに側にいて精神を支えてほしいと思ったりするけれど、そのような関係を維持するリソースが自分には(あるとはもはや思え)ないし、そうでないように振る舞うこともできるとは思えないし、そういった相手にとって自分が魅力的であることができるとも思えないし、そういった相手がいたところで自分がほんとうに救われるとももはやあまり思えないし、そもそもそういう相手を探しに行こうとももう思えなくなっている。こういうことを考えていると、ほんとうに心の底から死んでしまいたくなる。というよりも生きるのが嫌になる。幸福になれないってわかっている人生をあと何十年も続けて、挙句みじめに他人を呪いながら死んでゆく。そんなのはとても耐えられない。頭ではそうわかっているのに、僕は死ぬこともできずにいる。仕方がない、意志決定のスコアの中で、こんな遠未来の要因に割り振られている重みなんて、きっと微々たるものなのだ。ただ遠くにあるというだけの理由で。どんなに遠くたって、それは確実に訪れるというのに。

精神と身体の健康がほしい。精神はじつは比較的充実した感じだと思っているけれど、健康的とは言えない(でも僕の精神が健康的だったことなんてあっただろうか。あったような気がする、でもそれは縋る他者がいたというだけではないのか?)。身体的には絶望的だ。運動をしなくてはいけないのだけど。


仕事は多少順調。ちょっと具合が悪かったけれど、なんとか懸念事項に目処が立った。あとはなにもかもが理想的に協働してくれればいいのだけど。


「(Pが)有り得る」という表現を素朴に否定した「あり得ない」は、「Pである可能性がない」になってしまうのだが、「Pでない可能性がある」を短く表現するにはどうすればいいのだろう。ここで様相論理の記法を借りると、これは「♢¬P」と書くことができて、さらに♢だか□だかの定義から「¬□¬¬P」になり、二重否定を除去して「¬□P」を得る。つまり必然性を短く言うことができればその否定で表せることになるだろう(注意しなければ□¬Pの意味になってしまうが)。
そこまでは考えたのだがそういう言いかたはよくわからなかった。古文には確述助動詞というものがあって云々とか思ったけど、作ってみて「ありなず」みたいな文字列ができたのでこれは違うと思う(そもそも語用論の前に統語論として怪しい)。というか、必然性という概念はただの断言とは趣を異にするはずで(だってそれは可能の否定という形で導入されるものだから)、対応する日本語はないのかもしれない。「あらざり得る」の方向は当然ありえる。「ない」が動詞だったらそれで済む話なのだが、あからさまに動きでもありようでもないものをどうしろと、とは思う。


そういえばF#をインストールしました。まだ触っていませんが。


1001

どうも昨日くらいからまた消化器系の調子が良くないです。すごいもたれる。ウー。


お昼から仕事。またモデルにいろいろと手を入れたけどなんとかまとまってくれました。明日にはこのあたりは完成させてメイン機能に移れそう。
FetchedResultsControllerが八面六臂の活躍を見せています。便利だな、これ。いろいろと関心事が分離できるし。


デザインの思想についてちょっとおしゃべりをしました。僕は自分のことをどちらかというとミニマリストだと思っているのだけど(実際にはそもそもどこかにカテゴライズされるほどの思想がない、という点はサテオキ)、それって単に僕が複雑さをうまく扱う技術も心的リソースもないからなんだよな、とか思います。でも、僕以外の多数派の人々もそういう状態(心的リソースが足らない)なのだとしたら、それに従うことは正解と呼んでもいいような気がする。


1002

お昼から仕事。問題解決密度は高かったけど問題が多かったのであまり進みませんでした。うーむ。
画像のダウンロードの進捗管理にNSProgressを使ったのだけどまあまあ便利。複数のProgressを束ねて一つにできるのとかもよいですね。ただKVOで監視というのはちょっとどうか。Swift時代にそぐわないのではないか(とはいえ他にやりようもない)。

あとまたCoreDataとニラメッコしていました。エンティティを継承できるのはいいんだけど、FetchRequestがそれに追いついてないような感じがある。たとえばShapeエンティティを継承してCircleとTriangleを作ったときに、「Triangleまたは半径がrのCircle」みたいなPredicateはどう書けばいいのかよくわからない。具体的にはkeyPathにradiusを指定したところで失敗する(Triangleにはradiusがないから)。ううむ。

そういえば、ふと気になったので今のプロジェクトで書いたコードの量を数えさせてみたところ6400行くらいということでした。一ヶ月半くらい?でこれは多いのか少ないのかよくわからない。こんなに書いた実感もないのだけど。まあでもまあまあがんばったのかしらね。
全部自分でやると、全部自分でできるのでいろいろなしがらみに流されることなく考えられるのでよいのだけど、全部自分でやらなきゃいけないのでとってもしんどい。なにげに規模の大きいアプリだと思うし。いい経験だと思うけど、明らかに力不足っぽいところもある。はー、がんばろ。


はー、今週はなんかほんとうに飛ぶように過ぎてしまった気がします。土日もmac借りて帰って作業しようかなー。問題の数はだいぶ減ったはずで、あとはWebAPIとの繋ぎの部分を書くだけ、みたいなイメージなんだけど……。


1003

ちょっと風邪いです。


お昼から仕事。だいぶ歯車が噛み合ってきたので、ここからはやりがい高まりそう。


雑踏に紛れながら薄暗いことを考えている僕。内側から発せられる、自分を責める言葉たち。自分の過去のすべてが誤りで、未来はすべてが失敗に終わるような気がしている。信号待ち。青信号の気配に顔を上げたその瞬間、群衆の全員が立ち止まりこちらを向いて叫ぶ
「「「人生は続いてゆく!」」」
ふと気づくと僕はオフィスの席に座っている。僕の他には誰もいない。いまの光景はなんだったのだろうか。同僚がひとりやってくる。彼はこちらに気づき、ちょっといなくなったかと思うと缶コーヒーを渡してくる。「顔色が悪いな、どうかしたか」僕はそれを受けとって一口飲む。「大したことじゃないさ」


さて土日。気が向いたらちょっと仕事もします。


1004

昨晩からselector infected WIXOSSを全話観ました。観たいと思ったアニメがその場でサクッと観られるのはいい時代になったものだと思います。

お話はよくわからない。自分の願いを生きろ的な話かなと思っていたけど最後らへんなんか違ったし。るう子ちゃんはかわいい。


あとハルヒの一挙放送がやっているので観ています。一期最終話はやっぱり演出が優れていますね。あとエンドレスエイトは、作品としての真剣さと娯楽としての成功は時に別物でありえることを教えてくれます(いま四周目だか五周目だかです)。

いま思うと、この作品はほとんど当時の自分と同年代が主人公だったのですね。期末テストとか学校という概念とか、そういったもの、当時は自然に親しんでいたのが、いまはそうではないなあということを感じます。学校生活の退屈で平穏な感じとかも。
涼宮ハルヒ的な「おもしろさ至上主義」的なものが、この時代の特徴だったのかこの年頃の特徴だったのかはわかりませんが、今となってはぜんぜん共感できないなあと思いました。時代というよりは年頃のような気がするな、いまでも高校生くらいだとカオス的なものに対する無条件な信奉が見られるような気がする。でもそういうの、それこそ「わからないのがおもしろい」みたいな感じで、みんなでワイワイするにはいいけれど、その先がないよなって、今は思います。これもまた、「大人になる」と大雑把に呼ばれる変化の一部なのでしょうか。


最近、僕以外の人間もけっこうコミュニケイションには苦労しているのかな、と思いつつあります。べつにそれはみんな苦労してるんだからお前も我慢しろ的な話ではなくて、ただみんなも嫌々やらざるを得ない理由があってやってるんだな、とか、そのコストを軽減するためにいろいろな協定があるけれども、それもまたコミュニケイションと強く結びついているんだな、とか、そういったこと。


喉が痛いし風邪っぽいですがもったいないのでお酒を飲んでいます。でもそんなに飲まないようにしよう。


1005

喉がちょっと変です。痛いというほど痛くないけど痛くすることもできる、みたいな感じ(ぜんぜん伝わらない)。

昨晩は結局朝五時までハルヒ一挙放送を観ていました。土曜日の夜に夜更かしをすると日曜日の夜に寝付かれなくて月曜日つらいってわかっていたけれど、文化祭も射手座もサムデイも一番最後なので待たざるを得ませんでした。映画撮るやつは、まあそういう話だから仕方がないんだけど、涼宮さんがわりとマジで鬱陶しいのでつらい。

文化祭回はほんとうにていねいに作られているという感じがあって好きです。単にいろいろ調べて知ってるだけかな。でも、あの清々しい、きらきらした感じ、二期の映画撮る話を挟むと君つい先週どんなことしてたかわかってるのって感じがして嫌ですね。


お昼過ぎに起きたのだけど、夕方まで二度寝してしまいました。あー、これは今夜寝付けなくてつらいやつだ。あー。


1006

あいかわらず喉が変です。寝付けなかったのはそれほど酷くなかったので今日は思ったほどつらくなかった。


お昼から仕事。まあまあ作業は進みました。前に考えてあった仕組みをちゃんと整えたらいい感じに動いてくれそう。

そういえばMagicalRecordのβが更新されたので入れてみたのだけど、これnested contextのマージに失敗してるんじゃないかなあ。local contextで保存してもFRCに通知が来ていない。原因らしきcommitは見つかったけど、確証がないからなんとも言えない。
コミュニケイションが苦手(しかも英語だし!)なのでウーとなったけど、明日もうちょっと確かめて、まだ未出だったらがんばってIssue書こうと思う。でもなんと言えばいいのかな、ウー。


あー、風邪い。早く眠ろう。でも録画してあるアニメもちょっと観るぞ。


1007

風邪いのが続いています。うーむ。


お昼から仕事。そういえば昨日のIssueですが、今日PullReq書こうと思って調べてたら夜の間に直されたようでした。コミュニケイションしなくて済んだ安堵感と、そこそこ名のあるOSSにコミットする機会を逸した残念感と。まあでも、また機会は来るでしょう。
仕事はまあまあ。昨日今日と考えた仕組みがいい感じに動いてくれつつあるので、あとはUI作成に注力すればいい、はずですが、たぶんそう簡単ではない。


そういえば青色LEDがノーベル物理学賞を取ったそうです。GaNとか、大学院の研究室で近辺のひとがわりと扱っていたのだけど、なにがそんなに難しかったのかよく知らなかった。結晶成長が難しいのだそうです(でもそれって化学賞の範疇では?とも思います)。


早く寝なくては~