diary

0816

死にたいと指が勝手に書き出してあわてて消したその指も僕(短歌)


仕事は今度こそ大工事を完了させて次の段階へ。でもなんか完全に未着手領域っぽいのでいろいろ考えないとだめそう。はあ、あとそろそろ引き継ぎを考えないといけないのよね。引き継がれる方だけど。

夜はYとザリガニを食べにゆきました。ザリガニ、食べにくい蟹だという印象。まあおいしかった。


TwitterがUser Streamを廃止するらしい。まあサードパーティクライアントは広告出せないから儲からないよね、という気持ちはわかるし、じゃあお金払えよって言われて払う人がかなり少数派なのもわかるんだけど、ただ、開発者との関係を改善したいみたいなこと言って以降なんか改善しました?という不信感はあり、なんというか、厳しい感情がある。観測範囲では移転先を検討する人がちらほらいるが、マストドンは個人的にあんまり筋の良い思想とも思えなくて微妙だ。いまのところは僕自身は移転を考えてはいないけれど。


0815

最近あまりおもしろいことを思いついていない気がする。前からそうだったような気もするが。


仕事の前にジムの無料カウンセリングに行き、なんかぐるぐる目のうちに入会していました。まあ一旦帰ったところで遅かれ早かれすることになるのだし、いいよね。まだ具体的な開始日は決まっていない(スケジュールがいっぱいらしい)のだけど、がんばります。

仕事はあいかわらずサーバが動かなくてあまり進まない。夕方にちょっと動いたので大工事の動作確認をして、たぶん大丈夫だろうと思った。明日はまた別なところに着手しよう。やれやれ、ずいぶん掛かってしまったしコードもとっちらかってしまったなあ。でもいまさら全部書き直すには仕様が巨大すぎる。


寝る。


0814

今日は昨日よりは元気だったように思う。よかった。

しかし仕事はあまり進まない。昨日気づいた巨大な欠陥は大工事によってどうにか修正されそうなのだけど、夕方くらいに一段落ついたと思ったら開発用サーバーが止まってしまったので試せていない。サーバーはよく止まる。やっぱり休暇明けに相談したほうがいいのかもしれず、休暇明けには新しいサーバーが準備されるという話もある。


明日はジムの初回カウンセリングに行く。


0813

今日はなんだか調子が出ません。なんでだろ。


仕事は最悪。調子が出ないばかりか、解決したと思っていた問題が致命的な不具合をはらんでいることが発覚する。やばい。これはかなりやばいぞ。


何かに対して「好き」を明確にすることって、自分の価値判断を誰か[誰?]の評価にさらすことだと思っていて、それがとても苦しい。(お前は自分の好きなものを好きでいることさえ他人の目をうかがいながらでなければできないのか!!!)


0812

早起きして高校の先輩の結婚式に出る。前にも行ったことある会場だったが微妙に段取りが違っていた(というか手順が増えていた)。内容自体はまあ二回目なので特に感慨とかはなく、あと僕は次こそ白いネクタイを買っていくべきだなと思った。

その後は集まった高校の部活のメンバーで飲みました。変わった人変わってない人いるけど僕は昨日髪を切ったせいで「金融商品の営業してそう」と言われました。なんだそれは。よくわからんぞ。


明日はまた仕事です。今夜はたくさん眠ろう。


0811

夕方までだらだらしたあと髪を切りに行きました。だいぶ短くなった。十年前の僕に見せたら驚くだろう。

あとは明日の準備とか。


明日は高校の先輩の結婚式に行きます。その後はみんなで飲むのかしら。ひさびさに会うので楽しみです。


0810

オハイオ。


仕事はやっと一段落……と思いきや仕様書の読み落としをまた発見してガッカリしている。まあ単にまだやることが終わっていないというだけで手戻りがあるわけではないから良しとしよう。はあ。


さてさて、明日は夕方に髪を切りに行きます。その前に体育館に行けるとよい。


0809

「禁煙」と書くためにそこに置かれ、そこに置かれたために「物を乗せないでください」と書かれることになった構造物。言葉はこんなかたちで別の言葉を連れてくることもあるのだ。


仕事はこのところずっと抱えていた難題がようやく解けつつある。テストし切れていないし細部に粗はあるかと思われるが大筋では間違っていないでしょう。はー、しかしどうせこんなに時間が掛かるなら作り直せばよかった、のかもしれない。その判断は常に難しい。

夜はまたYの手伝いをする。


論理というやつは結局どこまでいっても説得術の洗練でしかないのであって、人間は根本的に別に論理的に動いてはいない(し、そうある必要もない)。ある主張がたとえば論理的に誤っているときにそれを撤回しなければならないという規則は存在せず、ただ説得力を持たせるのに失敗するだけである。