diary

0901

九月ねこ。


風邪の具合がだいぶ悪いです。この数ヶ月間、体調が悪いか体調がとても悪いかしか言ってない気がする。はー。ともかくいまはとても悪い期です。月曜日だってのに。
プロジェクトはモックの段階を終えつつあります。といいつつまだ試してないことがたくさんあるので作らなくてはいけませんが、骨組みの部分は本実装に移りました。スケジュールはどうなるんだろうか。


「大栗先生の超弦理論入門」読みました。僕の物理学の理解はくりこみで躓いたまま進歩していないのだけど、この本にはあんまり関係なかった。点粒子を棄てたらゼロ距離のポテンシャルが出てこなくなって自己相互作用が発散しなくなったよ、みたいな認識でいいのだろうか。いいとは?
あと超弦理論では光子にmasslessを要請すると空間の次元がゼータ関数から出てくるらしいです。なんだっけ、調和振動子の基底エネルギーの総和がζ(-1)=-1/12になって、こいつを打ち消してmasslessにしようとすると次元が定まる、とか。でもこの計算ってほんとに大丈夫なんだろうか。カシミール効果ってこんな話だったか。とかとか。


僕の人生は長くて暗いトンネルに入ってしまったんだな、と寝る前や帰り道なんかで思います。いまはいい、きっと何年かすれば外へ出られると思えるから。だけど五年過ぎ十年過ぎてそう思えなくなったとき、僕は死ぬのだろうなと思う。それってとても合理的なことだ。でもきっとその時になっても僕は死にたくないと思っていて、死ぬわけでもないけど楽しいことがあるわけでもない、ただひたすらどうしようもない存在へと崩れてゆくのだろう。それはとても悲しい。


0902

寝坊して会社に30分くらい遅刻しました。つらいです。
誰に言い訳するともなく詳細を記しておくと、べつに夜更かしをしたわけでもなく、むしろちょっと早めに眠ったのに、いつもの時刻に目が覚めた記憶さえなく(記録はあるのですが)二時間寝過ごした、という感じです。身体の調子がいよいよまずい感じのような気がしてつらいですね。いっそ潔く休んだほうがいいのでは。でも朝って具合が悪いのが平常運転みたいになってるから判別つきづらいのよね。なんだそれは。


仕事は具合悪かったけどまあまあ順調。決まってきたところから画面を作って、アニメイションとかも意図したとおりに動いてくれたのでとりあえず安心。UICollectionViewに立ち向かおうかなあ、あのへんのベストプラクティスがまだ見出せないのでいろいろ読む。


テレビでアニメおたくと表現規制推進派が議論という名のなにかをした、みたいな話が聞こえてきて、そういうのって十年は言いすぎにしても五年以上くらい前にさんざんやったじゃない、と思いました(ひぐらしとかnice boatとか。あれはちょうど七年前のようです)。
僕の観測範囲では規制推進派の主張が情緒的なものだとかそういう非難で賑わいました。まあそうだったのでしょう。だけど、番組終了後に出演者のwikipediaページがいたずらされていたという話を聞くと失望せざるを得ません。僕は表現規制に反対するそれなりに筋の通った理由が存在すると思っているけれど、僕と主張を同じくするすべての人が筋の通った思考や行動をとるわけではないのだな、と、当然のことながらがっかりします。まあ、ね。

僕は表現というものはいかなる意味いかなる理由においても(法的に処罰されるという意味で)規制されることがないという原則を貫き通すことに価値がある(思想をevaluateする必要がなくなることは公正さにつながる)と思っていますが、まああらゆる決断というのはどんなに複雑であれ最終的には互いに比較可能なスコアに射影されて判定されるものなので、公正であることよりももっと大きなメリットがあるなら棄てられてしかるべきでしょう。
なにかの自由が保障されているってことはまったく自明なことではないし、そうあるべきだということもまったく自明なことではないので、それを維持することはどこかで戦いにならざるを得ないでしょう。椅子に座って正しさだけを叫んでいればいいという種類のものではないんじゃないかなと最近は思います。なにか行動しようとはまだ思いませんけれど。


早く寝る、早く寝るんじゃ……


0903

昨晩はなかなか寝付かれなかったのでまた寝坊しないかと心配でしたが、ちゃんと起きられました。具合はあいかわらずひどいです。あと、身体の調子と精神の調子が両方悪い場合は精神の調子の判定が優越して眠られなくなることがわかりました。へー。


お昼から仕事。会議でいろいろ発言。チームが三人しかいなくて自動的に存在感が高まるのをいいことにいろいろ提案とかしているけれど、煩わしく思われていないかと心配になったりもする。いまのところそんな気配はないし、提案がだいたい採用されたりしているけれど、それもなんかいろいろな力学の結果そうなっているだけでほんとうは快く思われていないのではないか、みたいなこととか(もしそうでなくて、僕の提案がほんとうに意義あるものと思ってもらえているのならば望外の喜びというものですが)。この手の命題の困難なところは、これを直接問いただすことが決して正解を与えないということで、だから僕はずっと不安なまま思ったことを述べるだけです。はあ。
僕は僕が思いつく限りでよいものを作りたいと思って考えているけれど、マーケティング的な事情については完全に素人なわけで、とか思い始めるとまたきりが無いのだけれど。

あとiOS8betaのバグを踏んで立ち往生しました。リリースあと一週間なんじゃないのか。


疲れています。はー、生きるの本当に本当に嫌だなあ……


0904

お昼から仕事。カスタムキーボード(Extensionじゃないけど)の作成。CollectionViewのレイアウトを簡単に作ってUIInputViewControllerに載せる。時間は掛かったけれどよいものが作れたかなと思います。ただほんとは他にも進めたいことがあったのでちょっとアレ。まあ。(なんだこの曖昧な感想は)


身体の調子はあいかわらず悪いです。食欲がないのはずっとそうなんだけど、しんどいのはいったいなにに由来しているんだ。
明日はちょっと早起きしなくては。それが終わったら週末だけど、二日じゃたいして回復できないよな、というあきらめが重くたれこめています。


哲学のことを考えることはリファクタリングに似ているというようなことを思いました。いつのまにか埋め込まれていたレガシィな価値観を見透しよく整理すること。治療。


0905

お昼から仕事。いろいろ考えることが多かったのでコードはあまり書いていません。大丈夫かな……
ともあれ来週はモデルを作ろうと思います。

夜はテレビでエヴァQを放送していたのを観ました。前半に関してはお前らまともに会話をしろという印象しかないけれど、そんな風に説明なんかされなくたって時間が流れ事態は進行してしまうというお話なのかもしれないとも思う。ただ不快な理不尽感はある。
後半は、謎めいた固有名詞がいっぱい出てきて、そうだよ理不尽な説明不足じゃなくてこういう神秘的な感じが欲しかったんだよやればできるじゃないか、という感じ。次作、当初の計画では四部作の最後になるはずだけど、なんかまたいろいろ変わってくるみたいだし、いつになることやら。そしてこの話はいったいどう完結すれば「ああ完結だ、よかった」と思えるのやら。


土日です。ゆっくり休まなくては。そして本を読もう。


めも:業務報告でUnicode絵文字の対応のためにテキストを一文字ずつ舐める必要があるって書いたけど、よく考えたらCTLineになってる時点で描画位置に即した文字区切りは与えられるのだしちゃんとそのへんを管理しておけば高々1行分のループで済む気がする。まあ、あんまりやる気ないけど。


0906

昨晩は朝まで本を読んでいました。「犬は勘定に入れません」。


お昼頃に起きてまた本を読みました。あとエヴァンゲリオンのテレビ版をだらだら流しています。前に観たのは高校生の時かな。新劇場版の序とかってわりとそのままだと思ってたけど、いま観ると案外違うのね。
僕なんかはリアルタイムなんかでは観てなくて、のちに神格化されたエヴァンゲリオンの印象がとても強いけれど、こうして観ると少なくとも前半は普通のロボット(怒られる!)アニメだしギャグ回もあるし、ぜんぜんそんな感じしないなーと思います。謎めいた固有名詞とかはあるけど。後半は内面の独白が多くなってくる。最後はみなさんご存じの通り。

そういえば、「あなたってホームページとか作れる?」という、エンジニアのだれもが(たぶん)恐れている質問が母から来ました。自分で描いた絵を紹介したり販売したりするサイトが欲しいそうです。うーん、でもイマドキそういうの個人のページでやっても誰の目にも留まらないんじゃないかな。pixivとかがそういうのやってるじゃん?ヤフオクとかでもいいと思うし。そういう制度の(検索の)中に組み入れられないと、一般の人には届かないんじゃないかしら。そんな個人にお金払いたい人もあんまりいないと思うし。
あと単純にそんな時間はありませんという話をしました。技術的にも購入処理をどう扱うのか僕はよく知らないし(たとえばpaypalとかってただ置く?だけでどうにかなるのかしら?)。二十世紀じゃないのだから、やっぱりそれなりにまともなものを作らないと。そしてまともなものを作るのにはまともな時間がかかるのです、たとえばあなたが「まともな絵」だと思えるものにどのくらい手間がかかるか想像してください、と言いました。
あとはまあ、お金と時間があってもできれば余所に頼んでほしいかなー、とは。身内だと思うと無茶な要求で振り回される度合が大きそう。いまそういうのを頼むならどっかでフリーランスの人を探すとかなのかしらね。知らないけど。


今日はちょっとだけ具合がいい、気がする。


0907

ちょっと喉が痛いです。いい子にしてたのになー。


エヴァンゲリオンTV版を全部観ました。一番最後の「僕はここにいてもいいんだ!」ってのは結局「自分が他人に嫌われてるかもしれないというのは根拠のない思い込みでしかないし、そんなものとは無関係に自分の存在を自分で肯定してもいいんだ」みたいな話なのかな。でも、「自分が他人に嫌われているという確信には根拠がない」という主張は「自分が他人に嫌われていない」こととはまったく関係がないし、そこを否定できたからってマイナスがゼロになるだけでプラスにはならないよな、と思う。本人がどう思っていようが、嫌われている人間というのは存在するし、周囲の人間全員に嫌われている人間というのもおそらく存在する。そんなとき本人がどんなにポジティヴに考えていたって、なんにもいいことはないのではないだろうか。そういう話じゃあない、のだろうか。


「コーディングを支える技術」読みました。プログラミング言語のいろんな思想の歴史と比較の話。あんまりタイトル関係ない気はする。
アセンブリにはないif文やループ構文が高級言語にはあって、時代が下るとクラスが発明されて流行って、みたいなのって、人間が問題や世界をどのように捉えているか、そのありようをできるだけ自然に書けるようにしよう、みたいな話なのかなと思う。となると、これって認知言語学の話題にもなるんじゃないかなと思うけど、まあこの素人考え以上になにか言えるのかは謎。


喉の痛み、一晩でよくなるといいのだけど。エアコンをつけないで寝ます。


0908

喉の痛みはなくなっていません。残念です。


お昼から仕事。データモデルについて相談したあと設計を確定させてxcodeで作業。ただモデルを詰めている途中でUI要素に考察漏れが見つかったので、どうなることやらという感じ。早めにわかってよかった、というほどもう早めでもないのだけど。

あとはあんまり作業進まず。SwiftとCoreDataの相性が実はいまいちっぽいです。クラス名にモジュール名がついちゃうのはいいとしても、@NSManaged宣言するとEnum型にできなくなってしまうので、内部的にはInt32とかにしてアクセサを手動で書く必要が。あとrelationshipもうまく扱えてないっぽいけどだいじょうぶかなこれ。


僕はまだ生きられると思っています。だけどそれは、僕がまだ若いからで(危うい)、まだ将来に期待することがちょっとはできるからだと思います。そんな期待は諦めてしまったほうが正しいと、誰かが教えてくれるけれど、僕はまだ期待しています。そしてその期待がだめになってしまったら、僕は死ぬしかないでしょう。だって、ほんとうに救いようがないのだから。

よしよし、かわいそうに、ほんとうに救いようのない人間を見るのはこれが初めてなんだね。ほんとうに救いようがないってことがわからないんだね。でもだいじょうぶ、怖がらないで。気がすんだら、もうすこししたら、ちゃんといなくなるから。


明日は開発チームの三人でランチだそうです(社長は飲み会やりたかったようなのだけど、僕の消化器系が爆死してることに配慮してこうなったと考えられます)。ちゃんと食べられるかな。はやく眠ろう。
でも胃カメラのときに聞いた感じだと胃が死んでるわけじゃないのよね。ってことはお酒飲んでもいいのかな。慢性的な風邪もあるからあれだけれど(あれだ)。それに、「具合が悪い」だけならまだしも、「お酒を飲んだ」かつ「具合が悪い」という状況は特に社会的に非常に弱い立場にならざるを得ないので、だめです。


独りで開発するの、考えることを全部自分で考えなくちゃいけないから一箇所で詰まると全部が中断してしまうし、自分とばかり相談するからどんどん暗い気持ちになるし、しんどいなーと思うのだけど、じゃあお前は他人とチームを組んでうまくやってゆけるんですか?となると溜息しか出ない。独りで戦う強さも他人と生きる協調性も足りない人間はどうしたらいいのか。