diary

0610

なんか父の誕生日だったような気がする。昔ボーイスカウトだったときに、隊長が「今日は何の日か知っていますか?」と言い出したから「お父さんの誕生日です!」と言って話を完全に脱線させてしまったことがあった(「時の記念日」の話がしたかったようです)。


仕事はあんまりやる気が出ない。なんかこう、エキサイティングな(これも説明の難しい概念だが)不具合はあんまり残っていないか僕以外が着手しているかみたいな状態になってきたからかもしれない。とりあえず新しく上がってきたやつをちまちま潰す。テンションは上がらない。あとデザインレビューの指摘とかもテンション上がらない。いや、これが鼻持ちならない傲慢だってのは自覚してるけど、なんでラベルのマージンが2pxずれてるとかの修正を僕の工数でやる必要があるのかという気持ちがないといったら嘘になる(いや、ここで問題を難しくしているのは、僕自身こういう問題に拘ることがけっこう好きだということなんだけど……だからまあやっぱり要するに今日はテンションが上がらなかったんだと思う)。
あと本業のほうはWebAPIのドメインを切り替えたバージョンを納品したんだけど、たぶん弊社のIPからはアクセス制限掛かってるのだろうか、疎通確認は一度も取れないままだった。つまり僕たちは一度も動いていないものを納品したわけだ。まあ事情が事情だからそれは別に問題があればあとから対応できるとは思うけど、なんか新鮮な体験だった。

今夜は特に理由もなくお酒を飲んでいる。特に理由はない。お酒を飲むと気分が良くなるから飲んでいる。でも本当は気分が良くなる必要だってない。一日36時間くらい寝れたらいいのに。残念ながら人間はそんなに寝てばかりでもいられないようにできているらしいし、すくなくとも起きている時間は「なにか価値のあることをしなくては」という焦燥感に駆られるようにできている。そして別に価値のあることはしない。お酒を飲んで冗談を書き連ねている。まあ、それでもいいんだ。ただお酒は有害だからな、そこは気をつけていこうな。