diary

0314

昨夜は珍しく本当に早く眠り、たっぷり寝たのですこし元気になった。今夜もたっぷり寝たい。


仕事は不具合対応も大詰め。とりあえず上がってきていたものは全部倒せそうでよかった。安心だ。まだ不具合あるけど。明日なんとかできるでしょ(楽観)。
ところでリリースのスケジュール的に22日は休めなさそうなので四連休はなさそう。まあ20日にすべてが完了すれば休めるけど。

会社の後輩が雑務をなんとなく押しつけられがちになっていて、構造のひずみを感じます。新卒をとるのを途中でやめてしまったから、その新卒たちが永久に新卒みたいな感じになってるのがひとつの理由なんだよな、たぶん。今期はこれをなんとかしたいという話を同僚とすこしした。とにかくタスクを可視化することがひとつの目標。そうすれば「明示的に割り当てる」という行為が挟まるので、なし崩し的に押しつけられることは減ると期待するのよね。


インターネットを見ていると、僕は誰も怨みたくないな、と思う。インターネットにはさまざまな種類の「誰かへの怨みに取り憑かれてしまった」人がいる(親だとか、教育だとか、政治だとか、それとも周囲の視線みたいな漠然としたものとか)。僕はその類型に当てはまりたくない。誰も怨まず、自由でいたい。幸いなことにいまのところ僕はそうでいられていると思う。それは幸運なことだ。