diary

0311

なんか昨夜から異常に元気がなくて、今朝になってもぜんぜんよくならなくて、仕方ないのでジムは休んでしまいました。なんだろうこれ。体調が悪いのともちょっと違う気がするんだが。体調もよくないけど。

仕事は不具合対応など。あと昨期の自己評価シートを書いたりしていました。書かないと評価されないので口だけは偉そうに書きましたけど、僕たいしたことしてないな、とも思います。まあそんな素振りを見せてはならないのですが。


自己肯定感というものについて考えている。この単語を耳にすると、なんとなく「あ〜あれね、あの低いやつでしょ、知ってる知ってる」みたいな気持ちになりがちなんだけど、よく考えるとこれがなにを指しているのかよくわからないし、本当にみなさん同じものの話をしてらっしゃる?という感じになってくる。
Wikipediaによれば「自らの在り方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情など」という定義が与えられているらしい。僕は精神が薄暗い人間だから、自己肯定感も低いんだと思っていたけど、この意味においてはそんなことないんじゃないかと思う。自らの在りかたを積極的に評価すること、それはすこしむず痒いけれど、そして僕は自分のことをいびつな人間だと感じているけれど、それでもそれを受け入れて世界とやっていこうと思っている限りにおいて、自己肯定感が低いということはないのではないかと思う。わからない。自らの価値もわからない。存在意義、そんなものはありえないから別にいいのだが……。


明日はもうすこし元気だといい。