diary

1231

昼過ぎに起きて夕方までピクミンを遊んでいた。パズル要素も適度で楽しい。

夜は鍋を食べたあとに年越しそばを作って食べた。海老天を揚げるのは初めてだったので、なんだか微妙な出来だった。衣が多すぎる。あと油の温度の管理も難しい。IHクッキングヒーターの温度センサーは同梱の鍋以外ではうまく動かないのかもしれない。それならガスコンロでやっても一緒だな。見た目が微妙な出来だったわりに味はそう悪くはなかった。天ぷらという料理の懐の深さ。

あと紅白歌合戦を観ていた。この番組はけっこう良いものだなと最近は思う。とにかく毎年やっているし、わりと幅広い世代のミュージシャンを集めているように思われるので、日本のミュージック・シーン全体のことが大雑把にわかる気がする。なのでまあ、良い。なんだかんだ毎年観ているし、これからも観る気がする。


大晦日だし、1年を振り返ったりしようかとも思ったのだけど、別に振り返るようなこともないなという気もする(ここに全部書いてあるし)。おおむね飛躍の年だったと言っていいんじゃないだろうかと思う。飛躍ならもっと派手に飛躍したかったような気もするが、飛躍し過ぎて太陽に焼かれた人もギリシャ神話には伝わっているし、この程度で満足しておくべきなのかもしれない。まあそんなこと思っていませんが。来年も飛躍の年にしたいですね。

そういうわけで、本年はたいへんお世話になりました。来年も変わらぬご愛顧のほど、何卒よろしくお願いいたします。


0101

あけましておめでとうございます。今年もやっていきます。


昼過ぎに起きて趣味プロジェクトを触っていた。なんかiPadだけUIWindowの階層構造が違う(rootViewControllerの親に一枚余計なUIViewがある)のでタップイベントが効かなくなっていた。まあundocumentedな挙動に依存した実装なので仕方ないが、そんなことあるんやね。ふむ。
あと投稿画面のUIに着手している。このあたりは初期版では省く予定だったのだけど、Webフロントエンドがあまり便利とも思えないので結局やることにした。それなりに困難な道であろうけれども。
あとバックエンドを書き直したい。railsにするとか言っていたけど最近はgoにしたい気持ちになってきた。まあ余裕ができたら。


新年だけど、特に抱負とかはなく、まあ淡々と学びを積み重ねていきたい。具体的に書くならば、場量子の教科書を読み終えたいとか数学やりたいとかだけど、そういうのはどうせ後から変わるので、あまりこだわらずにあれこれ試しつつ前進していきたい。どうせその道で秀でることもないのだし、好き勝手学んでいこう、そういうおおらかな気持ち。


0102

昼前まで寝て、それから趣味プロジェクトを触った。とりあえず簡単な編集画面ができたけど、並べ替えなどは未検討。TableViewにはそういうAPIが用意されているのは知っているのでそれでなんとかなるとは思うが。
入力フォームがあるとRxなりCombineなりがほしい気持ちになるな。今回はあまり考えないけども。

あとは場量子の教科書読んだりしていた。レプトンとクォークが質量を獲得した。ゲージ粒子の質量獲得と違う仕組み?と思ったけど、よく考えると別に同じだな。ヒッグス場が非零の真空期待値を持つので相互作用項が質量項になることに違いはない。ただゲージ粒子はゲージ対称性の破れが絡んでいるだけか。

夜は「逃げ恥」の新春スペシャルを観た。レギュラーシーズンの時もそうだったが、今風な問題意識を盛り込んだ脚本だなと思う。ただ、Twitterなんかを見ているとそういう今風要素を列挙して賞賛している人がおり、なんかそんな風に問題意識ビンゴゲームみたいにすると興醒めだなと思った。
あとウィズコロナの話をしていた。2021年にドラマをやるってこういうことなんだなと思うけど、それほど上手だとは思わなかった。まあ、我々にとってのCOVID19も、特に意味もなく唐突に訪れたという意味であんまりいい脚本とは言えなかったしな。


なんか夜更かししてしまったが寝る。ねむねむ。


0103

まあなんかいろいろあるんですが、疲れたので明日書きます


0104

昨晩はなんか妻と喧嘩して夜更かししてしまった。ので昨日の日記から書きます。

実家にオンライン帰省をした。最近両親は年金暮らしに接近してきたので、どうも世代間の対立みたいなのが浮き彫りになることが多い。彼らは人口ピラミッドがこんな形になる前の人間だけど、我々は生まれたときからこんな形だし、であれば社会の持続可能性についての感覚はだいぶ違うんだろうなと思う。あと彼らは年金について極めて楽観的である。こういうの見ると若年層が選挙権を行使しないといかんなという気持ちに一瞬だけなるね、まあ民主主義ってのはそういうものじゃないですけどもね。

それから初詣に行ったりすき焼きを食べたりした。少しずつ鍋料理のレパートリーが増えていく。

夜は「天気の子」が地上波で放送されていたので観た。やはり優れた作品だなと思う。ゼロ年代的セカイ系の焼き直しのように見えるけども、セカイは最初から終わっていたし、終わっても別に人々は生きているという点で異なっている。セカイを終わらせて君を救う、のではなく、主人公の選択とは無関係にセカイは終わっていた、という常識的見解に反して、自分でそれを選び取ったのだ、という信念そのもの力点がある。まあ、そういうのも昔やってましたよと言われると僕ははあそうですかと言うしかない。
結局これはトゥルーエンドなのか違うのかという議論があるけれども、僕はこれがトゥルーエンドで間違いないと思う。別に「あの子は帰ってこなかった、そして僕はすこしだけ大人になった。あの夏中続いていた異常気象を、誰も覚えてないみたいに秋になった」みたいな話でもよかったわけで、これがおそらくグッドエンド。でもそんなものが大人になることなんだったらクソくらえだ!となったらトゥルーエンド。両方を救うなんてのはご都合主義。ウーン、でもこれは単に僕の好みの話のような気はする。別に全力でご都合主義をやるトゥルーエンドだってあっていいわけだし。


今日の日記。

年が明けて初めての出勤。いろいろ思い出すだけで一日潰れるかと思ったが案外去年の続きにすんなり入れた。jestでテストを書いているが、どういう粒度でテストケースを書けばいいのかまだよくわかっていない。BDDの本でも読むべきなのかもしれない。

夜はUITableViewのドラッグ並べ替えについて調べたり実験したりしていた。どうもUITableView標準のドラッグ機能はセクション単位での並べ替えには対応していない気配があるんだけど、なんとかそれっぽく見せることはできないだろうか。いろいろ考えているがどうにもうまくいかない。


なんだか季節感がなくて、正月休みが終わったと思ったら一月であることまで忘れてしまっていた。そうか、まだ年明けなんだな。ふむ。


0105

昨晩は場量子の教科書を読んでいた。1ループ補正のくりこみと、2ループ補正の途中まで。なんか、学部生の頃には全然わからなかったことが今はよくわかるのは、自分が頭がよくなったのだろうかと思ったりもするが、まあ単に当時は英語の教科書で勉強していたのでいろいろ読めてなかったのだろうとも思う。いま読んでいる教科書は本当に親切で助かる。これを読んでからなら英語の教科書でも読めるかもしれない。

仕事はテスト書いたり採用活動したり。カジュアル面談的な会があったのだけど、なんか話の流れでよその事業部のことばかり話してしまっていて時間を無駄にしたなと思った。我々もよくわかっていない謎の構想よりも、我々がどんな仕事をしていてどういうキャリアプランがあり得るのか、そういうアピールをしないといけなかったのに。せっかく事前にどういう観点で会社を探してるかとか教えてもらっていたのに、準備不足でもあったし、後悔が大きい。

夜は今日も教科書読んだ。2ループ補正は計算がメチャメチャ煩雑で辛い。たぶんシステマチックにできることだとは思うけれど……。


寝ます。そういえばこのblogも今年こそは書き直したいですね。goか何かがいいかな。


0106

なんか眠い朝だった。いつもよりすこし寝坊して出勤した。react-hook-formにバリデイションをつけたりしていた。まあまあいい感じに動く。Material-UIと連携させてエラーメッセージも出るようにした。

今日はそれ以外は会議しかしていない。今日は5個あった。これは僕が最近会議がちな立場に寄ってきたのもあるだろうけど、リモートってもしかして会議しやすいのかもしれない。というか、あらゆる音声会話は会議と同じ形態だから、逆にそれに慣れると会議を開く障壁が低くなるのではないか。


今日は忙しかった。すこし本を読んで寝よう。


0107

場の量子論の教科書を読み終わった!親切な本でとてもよかったと思う。計算は手を動かしてないので全然だけど、とにかくくりこみの概念や標準模型のことは前よりわかった。正則化とかも何でやってるのか全然わかってなかったけどわかるようになったし。大学時代の忘れ物を一つ取って来れたみたいな気分だ。忘れ物はまだまだあるが、一つ取れたなら他のもきっと取れる。人生は長い。


仕事はReact書いたり仕様検討したり。フロントエンドをあれこれするのは一旦お休みかなと思う。とはいえバックエンドは仕様検討を手伝うだけで実装は任せられそうだし、本業に戻って不具合対応とかしようかな。見積もりタスクもいろいろあるし。


寝ます。