diary

0924

朝7時に起きる暮らしになって長いけど、以前とどっちがいい暮らしなのかはよくわからない。でも妻が家を出る時刻を考えるともう元には戻せない。


仕事は会議してたら終わった。エンジニアセクションの評価を相談する会。僕は今期はだいぶ頑張ったので「世が世ならCTOですよ」などと謎のアピールをした。まあ実際よく頑張ったと思う。グレード上がるといいな。


僕は大学で物理学を勉強したけど、大学院を中退して以降は全然物理学とは関係ない仕事についたりして離れてしまったから、正直かなりのことを忘れてしまったし具体的な計算とかもなんにもできなくなってしまったのだけど、Twitterとかには物理学の研究者やその周辺の人々とかがいて、時たまそういう話題が流れてくる。僕はそれを見て、ふーん、あの話ね、なんて、わかったような顔をしているが、実際は正直あまりわかっていないことも自覚している。

それなりに時間を費やしたこともあったけど、結局たいして何も残すことはなく、ただそれについて「昔は知っていた」とだけ思わせるような何か。僕にとってそれは物理学だったけど、誰しも一つくらいはそういうものがあるものだろうか、と思う。誰しも時折「昔は知ってたんだけどなあ」と思いながら生きているのだろうか。

でも僕は諦めていないぞ。それなりに時間を費やしたんだ、それが何も残さなかったなんて、まだ諦めてたまるものか。