diary

0123

添字μは0123を走るものとする。


仕事はなんか雑用が多かった。リモート勤務日があると、出社した日はオフィスでしかできない雑用に費やされる傾向にある。今日はなんか昔の共有ドライブのバックアップからデータを探したり、遠隔会議システムの使いかたを指南したりしてた。あ、あと無線LANの整備をしたのでその案内とかも書き直した。

夜はSwiftUIをやっていた。少しずつ気持ちがわかるようになってきた気はする。ViewModelが要るのか要らないのか、みたいなところは、たぶんWebAPI呼び出しをする時はCancellableを保持するために参照型が必要なのでViewModelが必要、みたいな感じになると思う。そうでなければたぶん不要。
SwiftUI、どうも「自分をSwiftだと思い込んでいる異常者」だと思うほうが良さそうというか、SwiftUIの中でしか使えないものがいろいろある(たとえば@State変数はvar bodyの外で変えてもうまく反映されない気配がある)ので、ロジック部分とはきっちり隔離することを考えたほうがいい。あれはただのUI記述言語だ。


なんとはなしにTwitterでエゴサーチしてたら、数年前の僕はずいぶんたくさんの人に言及してもらっているなあと思った。なつかしい。いまの僕にはそんな存在感はないし、なくてもいい。
この日記を好きだと言ってくれている人が何人もいた。あの頃の日記は、僕が自分の精神の安寧や公正さのために格闘した記録だった。それを読んで気に入ったと伝えてくれる人の存在は、きっと僕にとって心強いものに感じられただろう。いまの僕はもう忘れてしまったかもしれないが。


なんかえらく夜更かししてしまったや。明日はプロジェクトの打ち上げ。打ち上げったって特になにか達成したわけではないけれど、この案件はそんなこと言ってると永久にメンバーで親睦会とかできないのでね。