diary

1014

だいたい寝てた。すこし本を読んだ。西洋占星術のこと。まあ新書なのでそんなにいろいろ書いてあるわけではなかったけど、占星術の歴史がざっと書いてあった。日本にも鎌倉時代までにはホロスコープ占星術が伝来していたらしい。おもしろい。

彼らは(近代科学以前の時代には)科学としてあれをやっていたので、皇帝の死期を占うなどの行為は禁止されていたし、日食月食などの予測データは最高機密だったし、キリストのホロスコープを作ると処刑されたらしい。まあそうなるよなという感じがあるが、完全にファンタジーの世界観じゃん!という楽しさもある。

近代科学が近代科学になる前に脱落してきた時代時代の科学を知るのは楽しい。科学史が好きなのかもしれない。あと星占いに詳しくなるとなんとなくサブカルっぽくて楽しい。


明日はまた仕事。仕事の前に病院に行こう。やはり一向に良くならないんだよな。横になってる分にはだいたい元気なんだけど、身体を起こすと元気じゃない感じが出てくるし。はあ。