diary

0401

昨日はなんだかひどく苛立ってしまって、そのまましばらく黙り込んでしまった。口を開くのが辛かった。ひどく理不尽なことを苛立った調子で言ってしまいそうだったから。

僕は解決できない課題に直面することが本当に苦手だ。そういう状況に陥ったとき、どうすればいいんだろう。まだわからない。わからなくてはいけないはずなのに。


仕事……の前に会社のテレビで新元号の発表を観ました。ここで観とかないと今後二十年くらいは後悔しそうだったからです。でもなんか、あっけなかったな。というか、「元号が発表される」という経験が初めてなので、僕が感じたものが「元号が発表されたときの感じ」なのか「新元号の良し悪しの感じ」なのかよくわからなかった。まあでも、無難でいいんじゃないですか。令和。ただこの文字何回も見てるうちに思ったんですけど、僕は「令」の半端なアシンメトリーがあまり好きじゃないかもしれない。
おもしろかったことリスト:
・NHKの中継では掲げた色紙?の上に手話アナウンサーのワイプが重なってた
・発表して掲げる直前にチラッと見えかかった(読めなかったけど。キャプチャとかよく見たら読めるかもしれない)
・11:30発表と言ってたのに結局11:40くらいまで発表されなかったこと(段取り〜)

仕事はコードの整理とか見積もり会議とかやってたら終わった。明日は見積もりをやる。息抜きにコード整理の続きをやる。


0402

仕事は見積もりパーソン……と思ったら納品したはずの案件に不具合が見つかったので緊急対応。緊急対応したけどこれたぶん二年間ずっと動いていないよ……なんとゆーか、苦しいなあと思う。

あと採用活動の相談を受けたりしていた。べつに相談される立場ではないんだけど、まあrubber duckingの一種だと思えば何らかの価値はあるんでしょう。採用ってのは難しいなあと思う。でも必要な人材像みたいなのは僕の中でも形をとりつつある。要するに、僕にできないことをできる人なのだけど。

僕は技術力でそれなりにやっていけるとは思う。逆に苦手なこともたくさんある。人前に立つこととか、まったく異なる種類の判断基準を統合することとか。そしてそれらは、僕がいまから克服するよりは、外注してしまうほうがたぶん効率的で、きっと正しい。逆の人だってきっといるはずだから。本当かな?


明日こそは見積もりをする。まあ今日もちょっとはやったけど。僕の指先三寸でもらえる金額と割かれるリソースが決まるの、まだ不安だ(だって僕は自分が開発をしている間、自分がどれだけの時間を費やしたかなんてこれっぽっちも考えていないんだから!)。


0403

昨夜はなんでか三時くらいまで飲酒していたので今朝は仕事行きたくなかった。行ったけど。


仕事は見積もり。ウーンウーンと考えて一応数字は書いたけど、多すぎはしまいか少なすぎはしまいかと迷う。結局僕は自分で開発するとき何時間かかったかなんて覚えちゃいないんだからな。それは経験の浅さと呼ばれてしかるべきものだろう。長くやってたからって勝手に経験値が貯まるわけではないのだ。

あと昨日やってた緊急対応の続きなど。昨日やった対応、よくよく考えるとまずかったのであらためて確認してまた変えた。こんなことなら昨日の時点で確認しておくべきだったのだけど……とゆーか動作確認の時点で発覚すべきだろ、あれは。落ち込む。


明日は不具合調査と不具合対応工数見積もり。これはまあ単に優先度決めるだけの見積もりだから気が楽。あと不具合対応の見積もりなんてそもそも正確にはできないからな。


0404

仕事は調査や不具合対応見積もりなど。四ヶ月くらい前の僕が埋め込んだ不具合を解剖する。これは完全に考慮漏れだったなー。反省反省。

あと昨日提出した見積もりについて上司に相談してフィードバックを受ける。いくらか考慮漏れはあったけれど、見積もった範囲については大きく的を外してはいないようだった。それなりに悩んだ甲斐があったというものだ。ただ上司はどんな風に見積もりをやっているのか、そういう手法的なことも聞きたかった気がする(彼はべつにそういう訓練を受けたことはないと言っていたけれど、それでも僕よりは上手くやるだろうから、最適であるかどうかに関わらず学びたいのだ)。


明日は金曜日だ。そういえば本郷三丁目駅は本郷二丁目にあるそうです。なんでかっていうと開業当時は三丁目だった場所が二丁目に変更されたからだそうです。そういうことってあるんやね。


0405

仕事は、えーと、何やったんだっけ。なんか胃が痛くなる話をしていた気がする。そうだ、こないだリリースしたアプリにけっこう重篤な不具合があったのだった。僕はその部分の実装にほぼ関わっていないし、検証だってやってるのだけど、それでも僕は心が痛む。論理的にどうであるにせよ。

あとは上司たちと飲んだりした。僕は最近わりと意識的にタスクをとる方向に動いているけど大丈夫?みたいな話が出て、まあ一時的にはタスクがあふれるけどその場合には責任だけ負って作業自体は誰かに投げる心づもりでいます、みたいな話をしたりした。こうして書いてみると僕もおじさんになったなと感じるよね。でもまあ、実効的にそれなりに偉いのに偉くないふりをするのは不誠実だと思うから、それなら偉そうにしますよ、僕は。


あー週末。なんかでも今週は全部飲酒してたのでべつに週末感ないですね(僕の週末感は飲酒で決まっているのか?)。まあ寝ましょう。なんかやることなかったっけ?ないよな。


0406

一切何もしていません。全部寝てた。休日になにもしないのは後悔度が高いけど、だからって別にやりたいことがあるわけではない。


0407

なにもしていない……と思いきや夕方にちょっと出掛けてネット予約した新幹線の切符を受け取ったりケーキを買ったりしました。ケーキ!


0408

仕事の前にジム。なんかメチャ辛かった。スクワット60kgは無理があるよ、やっぱり。


そういうわけで(関係あるか知らないけど)仕事はあんまりテンション上がらなかった。不具合とか直してたけど、これたぶん機能自体が欠落してるのでいろいろなものを参考にしながら再実装する必要があると思う。これな、うちが勝手にやった再実装の結果だからお金ははもらえないと思うし、だけど、これ自体は「より正気な」実装への動きなので、一概に否定もできないんだよな。いや、ビジネス的に言いたいことはあるんだけどさ(だいたい再実装後が正気かっていうと怪しいしな)。

仕事のあとは、今度会社をやめる人との飲み会。僕の訊きかたが下手だったのかもしれないけど、別にこの会社に不満があってやめるというわけではない感じだったので、僕から言えることは特にない感じ(いや別にそうじゃなかったからっていまさら言えることはないんだけど)。ただ、有能になり得る可能性がある人が去って行くのはちょっと残念ですね。ほんと。