diary

1023

会社で徹夜をしています。無能ははたして罪なのか。


1024

朝の八時くらいまで仕事をして、帰って三時間くらい寝てまた会社にゆきました。とりあえず間に合った、かな。チュートリアル部分のエフェクトはまあまあ満足いく感じにできたと思います。僕がてきとうに思いついただけのものなんだけども。
文言とかも、ちゃんと専門の人に任せるなどすべきなんじゃないかなと思うけど、あまりそういう話は聞かない。言葉なんて誰にでも書けるなんてのは幻想だと僕は思う。

社長が再三にわたってあと一週か二週かでリリースみたいなことを言うのだけど、これは社内での発表の場だからそうなのか本気でそう思っているのかよくわかりません。僕としてはこれでやっとスタートラインというか、今日はゼロ歳の誕生日であって人生は長い、という感じなので(もっといえばこんなのサービスのプロトタイプにすぎない)、あの感じはどうも違和感あるし、止めなきゃ、と思います。

あと会社の納会(ってなんなのかよく知りません)で寿司を食べました。寿司職人が来てその場で握ってくれたけど、僕としては「エンガワは炙ったほうがおいしい」と教えてくれた以外には特にメリットなかったと思います。しかし炙ったエンガワはおいしかったのだから、これは成功と言えるでしょう。おいしかった。


さて、今夜はお酒を飲もうかどうしようか。アニメも観たい。でもすでにちょっと飲んでるしそのせいか頭も痛い。そういえば土日はSwift1.1への移行を試みようかしら。Xcodeも6.1でちょっと安定したみたいだし。