diary

1215

a宅でafßで年末の会をしています。このメンバでお酒をのむのはきっと初めてですね。今日は論文読みはおやすみ。

一月に輪講が終わったらスキーにゆくかも。


1216'

昨晩はあのあとMIBを観ました。ほへー、という感じ。もうちょっと盛り上がりがあるとよいかなあ、とは。なんかプロローグだけで終わってしまったみたいな。

お昼に起きてご飯を食べて帰りました。楽しかったです。ありがとう。>aß
二人がずっと楽しく過ごしてくれるといいな、と思いました。


選挙ですね。投票しませんでしたが。
結局僕は政治というものに関心がなく、また長期的な出来事に対する自分の判断能力を信頼できず、そのような状況で行われる多数決の結果がよいものであるとは思わないからです。
サルに算数を教えるような顔をして投票の有用性を説いてくる人間も好きではないです。投票にゆく「べき」であることの根拠として提示されるロジックの雑さも、「正しい」主張のためなら暴言だって構わない、という態度も、好きではないです。


明日は四限。そろそろ出たほうがよいでしょうね。
あとは論文を読みます。


ツイキ。お昼ご飯のときにペット・ショップで子猫をみました。かわいい。すごい。すごい!子猫が跳ぶのはすごいです。すごい(かわいい)。語彙が足らないのだけどすごい。ものすごく正しいことを目の当たりにしたような、圧倒的な肯定。これが、これが真実、これが正しいということ。それが世界に、目の前にたしかに存在している、その心強さ。そういったものです。