diary

0430

昼まで眠っていました。突然、今日は野矢茂樹の「ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』を読む」を読まなくてはいけないような気がしてきて、それで読んでいます。ウィトゲンシュタインは偉いひとです(きっと野矢さんも偉いひとです)。

そんなに哲学の歴史(どんな哲学者がいてどんな思想が展開されてきたか、とか)に興味はないのですけど、なぜかウィトゲンシュタインには関心があります。「幸福に生きよ!」って言ったひとだからだろう、とは思います。なんとなく、このひとの苦悩したことを辿ってゆくことで、自分も(自分の)苦悩を乗り越えられるのではないか、というようなことを思っています。よくわかりませんけど。

僕はもうほんとうに薄気味悪いなあと思うし、やはり人間をやめたほうがいいのではないかと思います。やめられないのですけど。
つらいです。正しくないことをしているのは知っているのだけど。


明日はバイトです。ほんとは授業があるから大学にゆくつもりで、そんならちょうどいいやと思ったのですが、授業は木曜振替になっていて、だけど木曜の授業は理学系と工学系の共通授業ひとつだけで、振替するのは工学系だけだったので、それも休講ということになって、なので授業がありません。休みにすればよかった。まあでも、仕事しないと生きられませんからね。がんばらなくては。

そうだ、週末にまた@n_tomが遊びに来ます。部屋かたづけなくては。