diary

0427

今日はひどく酔っているので文章がひどいと思います(だからどうしたとは思います)。


一限は(予想通り)欠席。レポートを二度も欠かしたらさすがにまずいような気はすれど、別に最悪そのくらい単位なくてもいいか、とも思いつ(古文の文法に自信がない)。内容そのものには興味あるけど。

二限には出席。輪講。今日のはあまり関心持てなかったものも多く、たかだかM2に発表のスキルを求めても仕方ないのだな、というのもあり。三番目の発表者は上手だったと思うけど、僕はそのころ数学のほうに気を取られていたのであまり聴かず、だけど問題意識の説明はとても上手かったなという感想。

三限は普通。Fortran90の勉強もしなくちゃいけないのかな、とか、だけどもしかしてg++がある以上C++で書いてもいいのでは、という。並列計算をどうこうするときに問題あるのかな、C++くらいまでならたいていの並列計算手法は対応していると思うけども。さすがにFortranオンリィということはあるまい。でも、基本的な文法を印象に残しておく価値はあるか、とも。

そのあと修士実験(修士論文とは別に学科のカリキュラムとして行う実験)のテーマ決めをしました。拘束条件の不備からいろいろ問題があって一悶着あって、決定に時間が掛かりました。あのケースについて誰も検討しなかったのは不思議というかなんというか、いろいろとあれだと思います。でも、そのトラブルの解消過程で、人間の醜さ(正確には、高潔さが個人の思惑に打ち倒されてゆく瞬間)を見ることができたので個人的には満足しました(アレっぽい発言)。
結果としては、そう悪くないテーマに落ち着いたので、僕はたいへんに満足です。

ほんとうはそのあと(昨日の日記に書いたような)謎の会合に出席する予定だったのですが、参加人数の都合で別にゆかなくてもいい、というかゆくべきでない状況になったという連絡が来たので、ゆかなくてよくなりました。僕は高級料理というものにあまり大きな魅力を感じないので素直に喜びました。
急に予定が空いたので三人で酒を飲みました。たいへんに楽しかったです。そういうわけで酔っていてこの日記はいろいろあれだと思います。またゴールデン・ウィークのあいだに飲む機会があるといいかなって思います。

そう、ゴールデン・ウィークです。さくらのサーバをいじらなくては。中断していた勉強もしたいし、そうだ、明日は友人と映画を観ます。サーニャをそんな目で観ます。エイガ館で。