diary

0409

一限は寝坊。二限は量子ナノ構造なんたら(なんたら部分不要説)。スライドを映すだけの授業のわりには興味深く聴けた。一次元のエキシトンの解析解の周辺の話がすこし気になるけど気にしてもしょうがない感じするのでとりあえず措く。

午後は研究室でゼミの相談。僕が初回で十九日に決まりました。夕方は花見だったのでそれまで準備。資料をiPadでつくることを試みていますがどうなることやら。

ブロッホの定理の証明、教科書に載っているのはポテンシャルの鏡映対称性を仮定してるぽくて論外で、wikipedia:jaには周期境界条件を要請するものが載っていて、ほかに調べても周期境界条件を外して証明しているものがあまり見つからないので困っています。ブロッホのもとの定理はどうだったのだろう。準備が間に合いそうなら調べておく必要がある気がする。
いや、それより先に成果発表の資料か。もう明明後日だものな。やっべ。

夜は花見でした。指導教官ともすこし話して、あと(昨日に引き続き)先輩たちともわりあい打ち解けられたように思います。でもやっぱり研究は厳しそう(それはとりあえず構わない、ただ努力で無能が補えるとは思えない)。あとやっぱりアニメおたくキャラクタに落ち着きそうで、まあいいのだけども、多少不本意ではあるかなと思います。アニメも勉強しなくてはいけませんかねえ(冗句?)。
先輩方はあまりアニメとか観ないっぽいのでそういう点では多少肩身が狭いのかもしれません。まあべつに僕からそんな話を振ったりはしないのですけど、話題のひとつとして僕にとってはどうしようもなく無難で便利なものだと思っていたので困ることもあるかもしれません。
まあ、がんばります。二年で卒業ってそこまで当たり前のことではないらしいのですけど。


明日は一限から四限まで埋まっていてけっこうヘヴィな感じですけど、どうせ一限には出られないのではと危惧しています。どうなんでしょうね。なんかしんどいからってぜんぜん時間割を考えていなくて友人依存なのですけど、よくないですねえ。