diary

二月六日ですけど!

昨晩は結局二時か三時ごろまでSとよくわからない話をしていた。歌ったりもした。夜更かしさせてしまったのはよくなかった気がする。でも彼女は眠りたくないと言ったし僕もなんだかとても不安だったからそうしていた。早く冬が終わって春休みになればよいと思う。

朝もしばらく繋いでいてもらった。夜はSが眠りたくなかったけど、朝は僕が起きたくなかった。あべこべだ。でもやっぱりちゃんと起きた方がよかった気がする。一旦目が醒めたのにまた眠ってしまったから十五時頃まであたまがぽんやりしていてだめだった。無駄にする時間なんてないはずなのにね。

昨夜にSが眠ってからも僕はすこし起きていて表現論の教科書を読んだけど、やっぱりあの本いやだ。どことなく嘘くさいことばかり書いてあるのだもの。でもまあ、C_3vの既約表現を求めたりいくつかの定義を答えたりSO(2)のリー代数を求めたりするくらいはできるので単位くらいは来てくれると思います。プログラムと数理の勉強も三十分くらいしました。スライドを読んでもよくわからないというか、なにを問うてくるのかがわかりません。2007年とかの過去問を見ると意味不明なのですが、授業はこんなのではなかったと思うのです。まあ、どうでもいいや、そんなもの。

そんなことより量子力学IIIがいまいちよくわからないというか心配なのですが、明日帰ってからがーっと演習の問題を解きなおすなどすれば対策になるでしょうか。あと流体力学にほとんど手がついていないのですが、教科書をぐあーっと読めばなんとかなるでしょうか。

現代実験物理学IIはもう取らなくてもいいんじゃないかという気がしているのですが明日にでも授業資料をコピーさせてもらうことを試みましょう。持ち込み可だし何かは書けるでしょうし、何かを書ければ何かはくれるでしょう。知らんけど。

明日一限とか滅びてる。これから夕飯をとろうと思っているけれど、具合があまり良くないのだと思う。


最近ほんとうに精神がぎすぎすしていて嫌です。いろんな人を殴りつけたい。それは身体で、ということでもあるのですが同時に言葉で、というか、言葉をもって、まるで身体で殴りつけたような効果を及ぼしたい、という感じと思います。あの鼻を殴られたときの変な味みたいな感覚、あれを誰かに植え付けたい。痛みのことしか考えられないようにしてやりたい。いや、それは違うな。僕のことしか考えられないようにしてやりたいのだ、きっと。僕が強く殴ったから、僕を倒さなきゃいけないような気がして、でも殴られてしまって無力になってしまったお前を見下ろして安心したい。僕はすごいのだと叫びたい。お前たちが束になったよりもすごいものを僕は抱えているんだと認めさせたい。ライオンのように吼えたい。

もういやだ、そんなのは。僕はもっとずっとすてきなものだけを注意深くしまいこんでいたいのだ。たくさんのものの中から、うつくしくないものをそっと摘出して、それを繰り返してうつくしいものをしまいこんでいたいのだ。そして、ちょうど必要なだけのすてきなものをそっと並べて、誰かの世界をすこしだけきらきらさせたいんだ。殴るとか、そんなんじゃなくて、僕はただここに独りで立っていて、帽子の中から控えめに兎を出してみせて、そうして小さな喝采を浴びたいんだ。マジック・ショウは大成功。僕は深々とお辞儀をして、そうしてみんなが帰ったあとに、最後に残った女の子と、次の街へと歩いてゆく。