diary

0101

年が明けましたね。2015年はなぜかフィクションの舞台の特異点のようだけど、僕にとってはまずBTTFの年です。テレビ電話で解雇を告げられファクシミリから「YOU'RE FIRED!」!


昨晩はこれといって生産的活動をしていません。そういえば「消滅都市」というゲームで遊んでいます(このタイトルはどこかSF小説めいていますね(都市ってつけばなんでもそう思う説(そんなに××都市ってあるか?順列都市、言語都市、都市と星、都市と都市、くらいしか知らない(読んだのは二つだけ))))。CVが花澤香菜なのが非常によい(はい)。かわいい声は人を救うなあと思う。僕もかわいい声の女の人に生まれて小難しい文章を読んだCDとか出して、かわいい声の女の人が小難しい文章を読んでいるのが好きな人たちに聴いてもらいたいと思う。小難しい文章。論理哲学論考とか。論理哲学論考の朗読、上述のようなニーズあると思うんですよね(僕はとてもほしい)。

あ、そういえばblogのURL構造(って言えばいいのかな?)を決めました。今回はすべてをmod_rewriteに任せるのではなくこちらでルーティング機構を作る(mod_rewrite使ったってどうせこっちでいろいろ分岐を書かなきゃいけないのだから、そんなのは二度手間だ)(というかそういうことができるって知らなかったからこれまでそうしていただけだし)。あともうちょっとシステマチックなURLにするとかね。


お昼に起こされておせち料理を食べました。まあなんだ、一億回くらい指摘されているだろうけど、普段食べない種類のものばかりが並ぶのはちょっと負荷が高い。あと食べてたらお腹が痛くなったので食後に横になってたら、食器を即座に片付けろという母の機嫌を損ねたらしく夕飯が消滅した(とTwitterに書いたら21favがついたので夕飯のコストパフォーマンスについて一瞬考えた)。うーん。

夕飯が消滅したこと自体はべつにいいのだけど(僕の生活としてはよくあることだし)、こういう状況の人間とあと三日行動を共にするのは本当に面倒だし、このまま放っておく限り食事が消滅し続ける可能性があると思うとさっさと東京に逃げたほうがいい気がしてきました。切符の払い戻しあるいは自由席化自体はできると思うのだけど(気が進まないけど)、しかしそういうことすると余計面倒なことになることはわかっているので悩みます。まあ、面倒なことになると言ったってその面倒ごとは全部実家にあるのだから無視できる、とも思える。うーむ。


さて、今夜はもうちょっとゲームしつつ、飽きたらルーティング機構を書きましょう。ルータはクラスである必要あるだろうか?いや、今回はなるたけクラスにまとめていこうか(あ、リダイレクションを逆側からルーティング機構に書けたらそれはそれでステキじゃない?)。ルータが適切なコントローラを選び、コントローラはリクエストを見つつビューを突き返す、またはリダイレクトする。みたいな。

明日はどうなるのか謎。予定通りだと祖母のいる介護施設で伯母の家族と会食。予定通りじゃないと東京。どうしよう、どう考えても東京のほうが魅力的だ。