diary

1001

午前中はカウンセリングでした。大学をやめたいという話をしたと思うのですが、あまりおぼえていません。なんだかふわふわした話ばかりしていたような気がします。あとずっとねむたかった。

午後は研究室にゆきました。昼寝をしようと思ったらなにかのセミナがあって、みんな参加するので僕も行って居眠りをしました。ほんとうにつらい。それから図書室に行ってまたすこし昼寝をして、それからなにもしませんでした。なにもしなかったのです。勉強も研究も輪講の準備も、そのための文献探しもなにもしなかったのです。なにかをしなくてはいけないことは知っていましたが僕はなにもしなかったのです。なぜだろう。僕はもう、大学をやめることしか考えられなくなっているのだと思います。僕はもはや僕が大学をやめるのを妨げようとする人間を敵だとみなしつつある。そんなのは間違っている、間違っているのに。
ああでもちょっとだけバイトの作業(気になっていた部分を修正したり)をしたり、あとmacbookの環境を整備したりしました。Alfred2というランチャ?を使っているのですが、だんだんと便利になってきたぞ、というような。

だんだんと四月五月頃の精神状態に近づいているのを感じます。というより夜はずっとそんな感じでした。僕が以前死にたいと思っていた気持ちが、そっくりそのまま大学をやめたいという気持ちに変わっていて、それが叶わぬならばやはり死ぬしかないと思います。そうして苦しい気持ちになっていると、不思議なことに頭の奥底のどこかではそれが快楽のように感じられるのです。心はこんなに苦しいのに、頭はどこか気持ちいい。

僕が死ぬことをせずにいる理由について。確率的に失敗するかもしれない自殺の手法を用いたとき、それを実行してから「目が覚める」のはつねに失敗した自分であるということ。すなわちすべての僕が自殺に失敗するということ。それに伴ってなんらかの後遺症が残ったまま生きる可能性が一番こわいと思っています。すべての僕は死に損なう。死は僕の外側にあるから。


なんかちゃんとしたこと書く気力がなくなってしまったのでこのへんで。明日は午前中に保健センタにゆきます。午後は研究室にゆくのだと思うのですが、今日の感じだとなにもできないし、勉強することもできなくてどんどん苦しくなってしまうだけの時間を過ごすことになってしまいそう。どうしたらいいのだろう。もうだめかもしれない。死ぬしかない(でもそれは上述の理由でできない)。大学をやめるしかない(でも簡単にはやめさせてもらえない)。どうしたらいいのだろう。もうだめかもしれない。


1002'

午前中は保健センタで診察を受けました。大学をやめる話。先生はやめるほうに一票、と言ってくれたけど、僕はそれが正しいことなのかまだわからない。自分がどのくらい苦しいのかわからない、もしすべてが行動に基づいて判定されるべきなのならば、僕は自分の苦しさを証明するために大学をやめるべきだし、でもそんなのはなんだかおかしいと僕も思う。
先生は僕の実家に連絡をして、僕の状況や先生の考えを話すつもりだそうです。ことが現実味を帯びてきました。ボスたちとも連絡をとると言っていたような気がするけどどうだったかわからない、そうしてくれると助かるとは思う。
どんな風に正当化しようとも、その動機の半分以上は逃げにあることは間違いない、だけど、逃げてよかったと思える日も来るのかもしれない、そんなことを夢見たりする。

午後は図書室にいました。輪講の準備があるからバイトにはゆけませんと言ってあるのにバンバン作業が飛んでくるので苦笑しながら対応したりしました。あのですねえ、僕だってそりゃそっちのが楽しいですけど、輪講の準備をしなくちゃならんのですよう(苦笑)。
その輪講の準備はまったくしませんでした(時間は十分あったのですが)。やばい気がするぞ。来週あたりでボスたちの前で発表しましょうってことになってるのに、データを整理する気にさえなれません。よくない。だけど一度やめてもいいって可能性に気づいてしまうともうそのことしか考えられなくなってしまう。僕は誘惑に弱い人間だ。でもほんとうだろうか?大学をやめる可能性がまったくなかったとして、ほんとうに僕は輪講の準備をできていただろうか?(このような疑問を投げかけること自体が欺瞞的なことには気づいている(だけど僕は僕を疑うのにもう疲れてしまった(だからといってそれをやめていいはずなどない(自分に厳しくありつづけなければならない))))。

夜は同期たちとハンバーガーを食べにゆきました。おいしかった。それからすこし、大学をやめるかもしれないことを話した(ひとりには前にもすこし話していたけど)。話してどうなるってわけでもないけれど、なんだかそういう風にすることで、すこしずつ自分のことのように思えてくるのかな、と思いながら。

そのあと帰ってすこし眠っていた(日記が遅れたのはそのせいだ)。最近夜にすこし眠ってしまうことが多くてよくないなと思う。なんでだろ。


明日は特にやることがない(ああ、研究室のスキャナ用のパソコンのセットアップをしてほしいと言われていたのだった)。そういえば木曜日ってM1がゼミやってた気がするのだけど、夏休みでなし崩されてしまったみたいですね(僕はあれあんまり興味なかったので歓迎する)。まあお昼頃に行ってデータまとめる、と思いきやどうせバイトするのでしょうね。はあ。よくない。


追記:1248!(おめでたい)


1003

十時に起きるつもりがすこし寝坊しました(一時間半くらい(それはすこしなのか))。研究室についたのは一時過ぎで、お昼ごはんだけ食べてすぐに図書室にゆきました。最近は研究室の自分の机がただの食事スペースに成り下がっています。

図書室ではバイトをしていました。研究をまったくしなかったことに対する罪悪感はありましたがバイトをしていました。それが終わったら本を読みました。哲学の本でした。あいかわらず僕のわかっていることしかよくわからないなと思いました。やっぱり僕は本を読むのに向いていないのでしょう。でも読みたい。


明日は夕方から研究室の親睦ボウリング大会です。そんなのに行って僕は楽しいのでしょうか(同じレーンのひととコミュニケイションがとれるのかが不安)。きっとそのあとは飲み会になるのでしょう(楽しいのか不安)。でも参加すると言ってしまったし、ボウリングは楽しみだから行きます。
それまではなにをして過ごしましょうか。どうせバイトの仕事が降ってくるのだし、それをするのがいいのかな。そして輪講の準備から逃げつづける。


1004

お酒を飲んでたいへんおおらかな気持ちになっているので今日の文章はあまりよく考えられていません(いつもそうだよ、という声)。


ほんとうは十時頃に起きるつもりだったのだけど、起きると午後一時でした。寝過ぎ。それで、それから研究室に行っても仕方がないので家ですこしぼんやりしてから直接ボウリング会の会場にゆきました。会場についても誰もいなかったのですこし待ちました。

すこし待つと先輩たちが来たので、みんなでやるのに先立って一ゲームだけプレイしました。このときはちょっと調子がよくって100をちょっと越えたくらいでした。これがいけなかった。いざ始まってみると僕のスコアは88と78で、ぜんぜんよいものではなかった。でも、公式記録としての2ゲームが終わって、まだ時間があったからやった3ゲーム目(僕にとっては4ゲーム目)では133をとって、これは僕の自己ベストに近いか越えているのだと思う。なんで最後が一番よかったのかは謎。

それから二次会。誰々に彼女がいるとかいないとかの話とか。思っていたより楽しめたのでよかった。いまは同期たちがうちに来てゲームをしている


さて週末。バイトの作業がちょっとだけあります。


1005

昨晩は同期たちとゲームをしたり脳や哲学の話をしたりしました。僕は一時期僕というものは世界に存在しないのではないかと思っていたのですが、その話とか。だけど、僕はそのときに僕のいない性についてきちんと考えることが足りていなかったから、どうしてそんな風に思っていたのかあまり思い出すことができませんでした。たぶん、「いわゆる」無主体論に近い感じのことだったのではないかと思うのですが、それのことも僕はよくわかっていないので、確証はないです。


今日はこれといってなにもしていません。バイトの作業を十五分くらいしました。あと本を読みました。今夜は「Pro Git」を読み始めてみようかなと思っていますが、どのくらい読めることやら(英語版と日本語版を両方用意してあるので英語で困ることはないと思うのだけど)。


1006

昨晩お酒を飲んでいるとfから電話が掛かってきて、それで一時間くらい馬鹿話をしていました。彼はおおきな会社に勤められていていいなあと思います。僕の人生はそんなふうに安定はしなさそうだよ、残念だ。


今日もこれといってなにもしていません。なんにもです。罪滅ぼしのようにPro Gitを読んだりしていますがそれもあまり進みません。なんだろう、どうも家で本を読むのは捗らなさすぎる気がする。散らかっているからかもしれない。


明日は研究室にゆきます。ごまかしつづけてきた研究をやらなくちゃいけないし、あああ、だけど、もうやる気がでない。やる気がでないのは僕の罪なのだろうか。そうしたら僕はどうすれば赦されるのだろうか。憂鬱。


1007

朝は十時頃に起きるつもりが結局お昼過ぎまでねむっていました。精神状態があまりよくない。それで研究室に行ったんだけど、ごはんだけ食べてすぐに図書室に逃げ込んでしまった。精神状態があまりよくない。それでぼんやりとTwitterを眺めていたりmacbookの環境設定をしていたりして、結局研究はしなかったし本も読まなかった。精神状態があまりよくない。このままではいけない、木曜日には準ボスに進捗を報告しなければいけないしボスたちの前で輪講の発表練習をする話になっていたはずだったのに、僕はなんの準備もまだできていないし研究もほとんど進んでいない。たぶん僕はほんとうに手遅れになってしまうのを待っているのだと思う。そうすれば苦しいことから逃げられるから(ああだけど、それまでの時間のなんと苦しいことよ!(でも、それに耐えれば逃げられるかもしれない))。
ほんとうに途方にくれています。はやく水曜日になって精神科の先生と話がしたい。話してどうなるというものでもないけれど、途方にくれているということ、逃げたくてそのことしか考えられないこと、そういうことを話したら、もしかしたらいい方向に動けるかもしれない。同様の機能は明日会うカウンセラの先生にも期待されてしかるべきだけれども、なんというか、僕の中でそちらの期待度はあまり大きくない(精神科の先生はボスたちと直接コンタクトをとるなどして僕の代わりに力を行使してくれるから違うのだと思う)。
ほんとうは先生にもごめんなさいとメールをしたりしなくてはいけないのだと思う。だけど僕にはそれさえおそろしい。こんな風になってもまだ僕は失望されることを怖がっているのだ。もうほんとうにどうしようもない状態だというのに。割れた花瓶を隠してしまう子供のように僕は自分の無能を隠蔽しようとするのだ。

家ではmacbookのターミナルの配色を変更したりしていた。オレンジがないのが気にくわないのだけど、まあ悪くないでしょう。なにがすごいかというとgitのリポジトリにいるときにはブランチの名前と状態を表示してくれるのです(赤い文字のところ)。gitの使いかたをちゃんと勉強したら、きっとターミナルでgitを使う機会も増えると思うので(マウスをぐりぐりするより早いから)、きっと便利になります。
http://gyazo.com/19c1c5c50dd4a5f0793a20713c1f3598

そういえばmacがちょくちょくハングアップすることがあるのだけど、これはソフトウェア的な問題なのか、ハードウェア的な問題なのか、もし後者だとすると面倒なのだけど。


明日はカウンセリング。上述のような話をするとは思うけれど、あまりいい方向には進まなさそう。午後は研究室に行くと思うのだけど、やっぱり研究なんかできなくって図書室でうじうじしているだけなのだろうなと思う。僕は悲しい。


1008

午前中に起きてカウンセリングにゆきました。なんの話をしたのかまた思い出せません。終わったあとにTwitterに書いためもによると、僕は大学をやめるという選択に対して後ろめたさを感じているし、それに基づいた判断をしているということがわかったようです。どういうことかというと、精神科の先生が僕の中退に賛成してくれているのは、僕が先生の前で態度を偽装してその必要があるように見せかけているからだと考えている、ということです。このように考えると、中退しないよう勧めてくれるボスたちのほうが正しい。しかし、ボスたちが僕に研究を続行する能力があると考えているのも、やはり僕が彼らの前で態度を偽装してそのように見せかけているからで、したがって正しい判断ではない。僕はどうしたらいいのだろう。
僕の考えに同意したり僕を褒めてくれるひとはみな僕に騙されているのだと思ってしまいます。そのように考えるのは、そのような自罰的な状態がよい状態であるという誤った信念に基づいています。それを誤っていると結論するのは、自分は誰も騙してなどいない、と考えたいがためで、あるいは、あなたは誰も騙してなどいません、と誰かに否定してもらうのを待っているからです(このように表明することは、さらにそれを否定してもらおうという動機に基づいており、その連鎖から逃れることはできない)。
だから僕はほんとうは認めるしかないのでしょう。僕は困難や苦痛から逃げたい。離れたい。自分のできることだけをして生きてゆきたい。そう認める、無限階の立場を認められないのならば、ゼロ階に立ち戻るしかない(その途中のどこかに立ち止まることなど許されない)。だから僕は明日先生にこう言わなくてはいけない、僕はただ苦痛から逃れたいがために大学院を中退しようとしていますが先生はそれでも賛成してくれますか、と。ああ、おそろしい(もしそうしてくれなかったら?あるいは、このように告白することさえもがなにかを偽装することであったとしたら?)。きっと僕はこんなことは言えないのだと思います。ここに書いてしまったから、もうだめだと思います。

午後はやっぱり図書室に逃げていました。今日もいろいろの環境構築。そういえば、昨日作っていたoh-my-zshのテーマ、今日も手を入れたのだけど、せっかくだから公開しておきます( https://gist.github.com/necocen/e0fb36136f565b085a2d )。スクリーンショットは http://gyazo.com/e8ef633125f0d737ee2648ad99a56d97
あとGitLab Cloudに登録して、プライヴェトなGitリポジトリをそっちに移しました(前はさくらのVPS(このページが置いてあるところ)にgitoliteを置いていたけど管理が面倒だった)。便利ですね、GitLab。別に何に使うわけでもないのですが。
それ以外はPro Gitを読みながらいろいろ練習していました。まだブランチ切ったりとかの話で軽く読み流せる感じ。背景にある構造をちゃんと理解すればわりとうまく使えるようになると思うので、ちゃんと理解したい(月並みなコメント)。

夜は五分間だけ研究室で研究を進めました。計算ひとつ投げただけだけど。進捗報告は明後日にせまっているので、明日にでも先生にごめんなさいのメールを書かなくてはいけません(口頭で言えたら一番なのだけど)。定例セミナのスキップもそろそろ頼まないと迷惑をかけることになりそう。はああ、誰かかわりに全部やってくれないかな。あああ。