diary

1103

岐阜二日目。朝食ののちすこし街に出る。街には土産物屋と足湯があり、足湯はとてもよかった。風があってすこし肌寒い、からの熱めの足湯。

午後はノンビリしてた。すこし旅館の中を散策したり(大きいのだ)、卓球をした。温泉といえば卓球だよね。まあ温泉とは無関係にやりましたが……。


プロセスの正しさと結果の正しさとは別だし、人道上の正しさと経済的成功とは別なのだが、これらの区別をあまり気にしていないひとがけっこういるなと感じる。結果がどうあれプロセスがおかしいならそれは批判されるべきだし、マーケティングの成否にかかわらずその手法は人道的見地から批判されうる。そこを意図してか意図せずか歪めて、具体的には、人道的正しさとマーケティングの成功が同一であるかのように主張するのは単に誤りであるか不誠実だと思う。資本主義と自由主義が同床異夢であったように、資本主義と個人の尊厳も時に相反しているはずなのに(というか根本的に相容れないと思う)、たまたま一致する事例だからって資本主義の説得力を流用するのは筋かとおらないだろう。まあ僕は僕以外の人間が筋の通らないことを言っていても構いませんが……。


さて明日も休み。明日こそはダラダラしたいなという気持ちはあるが、とはいえ清掃もあるし出かけることにはなるのだろう。ふーむ。