diary

0216

お昼くらいまでボンヤリしていた。まだちょっと体調が悪い。咳がすこし出るが熱はない。風邪かなあ、それとも最近巷で流行りの肺炎かしら、いやでも特に接触した機会もないだろうしな、など。

午後はすこしデザインの真似事をしていた。紙みたいな質感で暗くないテクスチャ画像を探したりした。なんか時代に逆行してる感じあるけど、僕は好きなんだよな、紙っぽい質感。

夜はほこらんさんとねておきたさんと肉などを食べていた。失恋の話などをしていた。人間に関心を持つってのは難しいよな。人間からどう見られるか、じゃなくて。でも恋というのは唐突に落ちるものでもある。どうやって落ちるかというと、主に角運動量を減らしていくことになります。


さて明日はまた仕事。先週は三日で終わったが今週は五日もある。変な不具合をどうにかするのだっけ。やれやれ。


0217

具合がよくない。さっき体温を測ったら微熱があった。明日こんな調子だったら休もうと思う。自宅勤務の予定だけど、だからって仕事をしたいわけでもない。

仕事はなんか会議をしていたら終わった感じがある。不具合を一つ直した。構造上の欠陥を根本的に直すにはもう日数が足りなくて、仕方がないので違法建築を重ねる。直せるならちゃんと直したいが、時間がいつ取れるかはわからない。このプロジェクトはそんなことばかりだ。いくつかは直したが、それでも。

夜はササッとパスタを作って食べた。最近生活をサボり気味だなと思うけど、いまは体調が悪いので仕方がないということにしておく。


法律は義務の一覧ではなく権利の一覧として読まなければならない。人類が長い闘争を経て打ち建てた尊厳の記念碑だと信じなければならない。