diary

0104

今日は片づけの日。本棚を整理して、今度こそ捨てようと思っていた本をいくらか本棚から処分した。こいつらは近々再生紙として処分されるだろう。まあ基本的には僕の買ったものではないので構わないけど。

よるはf, Yと飲みました。あんこう鍋。あんこうというのは、おおむね普通の味がするけれども、いいだしがでますね。そんな感想。
あとはfといろいろ議論した。まあどちらも酔ってたので真剣な議論にはあまり到れなかったけど。こういうのができる相手がずっといるとうれしいなど僕は思う。たとえそれが特段なにの思想にも結びつかなくてもね。


明日は日曜日。たぶんもうすこし部屋を片付けるかな。やれやれ。


0105

今日も部屋を片付けた。キッチンにあった、かつて僕が生活をしようとして挫折した夢の跡たちを棄てた。2020年の目標は「生活をすること」であり、だから、この目標はそれ自体忘却される必要がある。「目標」を目指すことは、「生活」を生きることではないから。

夜は映画をちょっと観た。「感涙度97%」なんてCMが打たれていたけど、こんなので97%だったら、のんのんびよりとか観たら感涙度2000%くらいになってしまうのではないかと思った。まあさ、ええ話なんですけど、そのええ話さを、きちんと「感涙」というか、ドラマツルギーとして貫徹させられていたかというと、全然だめでしょう、あれ。


さて、明日からはまた仕事です。僕の仕事は何だったかな。たぶん明日は諸々思い出すところから始まると思うんですが、そうだな、そういえばなんか厄介な問題が存在していたような気もするな。あとはまあ、古いmacbookの処分について進められたらいいなと思う。やれやれ。