diary

1208

なんか昼過ぎまで寝て、夕方にちょっと出かけた。Yと新しい電子レンジをちょっと見た。電子レンジ、これまではただ単にコンビニ弁当を加熱するだけの機器としてしか認識していなかったけど、最近はもっとこう、調理器具の一角を担いつつあるっぽいので、どうせならそれなりにいい奴を買って調理の想像力を拡大したいという気持ちがある。とりあえず今日は用語をいくつか覚えたので、来週あたりまた実物を見に行って考えようかなという感じ。そういえば僕の実家にあった電子レンジは二十年以上動いていたそうだけど(今はさすがに替わっている)、いまの電子レンジもそんなくらいに動くのだろうか。なんとなく、僕はもう家電製品にそういう種類の信頼を置いていないのだけど。

夜はエビチリをつくった。おいしくできたので満足。基本的には僕はすべての料理を上手に作れているので、少なくとも手順書通りに物事を遂行する能力は高いのだろうと思う(信じがたいことだがこれができないタイプの性格類型も存在する)。ただ、料理ってのは必ずしもそうではなくて、冷蔵庫にあれがあったから入れてみるか〜、みたいな感覚は今の僕にはまったくない。これが訓練で身につけられるのかは知らない。訓練の過程でどれだけの微妙な料理を食べることになるのかは考えたくない。


明日はなんだっけ、ああ、月曜日だ。会社に行かないといけない日。もう一度社長が社訓の唱和を始めたら上司がヘイヘイヘイって言ってくれることになっている。ただ上司はわりと確率的に体調を崩すのでうまくいくかはわからない。休んだ場合は僕がヘイヘイヘイをやる係になるのだが、僕自身はあんまり準備をしていないからやめといたほうがいいかもしれない(ずっと継続されるかもしれないものが一週間でオ終わるか二週間続くか、なんてのは些細な問題だ)。
あと最近来た執行役員との面談があるのだった。向こうから申し込んできたので僕は何を準備すればいいのか戸惑っている。まあ、申し込んできたからには向こうがなにかしらの準備をしているんでしょう。僕はただただ「楽をしたい」「仕事に生きがいなんか求めていない」「たぶん現時点で弊社に残っている人間はおおむねそう思っていると思う」くらいを伝えればいいかなと思う。そうでしょう?