diary

1205

仕事はなんかまあ、なんか。見積もりをしたっけな。あとは会議が多かった。不具合調査も少ししたが、原因を発見するだけで解決には至らなかった。

アプリの通信をプロキシで監視して検証している検証チームの人から「文字化けがあって読めない」という相談があったので、見てみたんだけど、hexを見たらなんとなくUTF-8っぽかったので試してみたら本当にそうだった、ということがあった。まあ文字列であることはわかっていたんだけど、なんとなく3バイトごとのパターンを発見してそこからUTF-8の日本語文字列であることを推測できてしまったのはちょっと我ながら不気味だなと思った。まあ世の中にはバイナリエディタをビットマップ表示したときのパターンでバイナリのファイルタイプがわかる人がいるらしいですから、こんなの児戯に等しいんですが。

夜はまたPythonとTypeScriptを書いている。画像アップロードコンポーネントを整理して使いやすくしたりした。このプロジェクト、TypeScriptを使ってはいるけれど、あんまり型の恩恵を受けられていない。あとTypeScriptはつい最近までOptional Chainingを持っていなかったんですね(というか今も使えるのかよく知らない)。そんなのあってもねえという感じがあるな。ふうむ。
そういえばVueのメジャーバージョンアップが近いという話を読みました。まじか。まあ互換性があるなら構わないが、なんかこれまでの書きかたが古くなってしまうようだと嫌だな。Webフロントエンド界隈はほんとうにすごいペースで情報が古くなってしまう印象がありますね。たいへんだ。


今夜はもうちょっとコードを書いて寝ましょう。でもまあ、「優先度:高」のタスクは一通り完了したので、今日はただ勝利を喜んでもいいのではないかな。