diary

0805

また月曜日が来る。月曜日はたいてい憂鬱なんだけど、よく考えてみると別に火曜日だって水曜日だって同じくらい憂鬱だ。ここには境界ではなくグラデイションがあり、金曜の朝の憂鬱はどこか僕にやさしい。

仕事は不具合対応など。重たそうなやつはだいたい倒した……と思ってたんだけど、まだ厄介なやつが起票されてくる。いや、厄介というか、何が悪いのかはすぐわかったんだけど、綺麗な解きかたが思いつけない。ここにはフラグを増やしたくなんかないんだけど、それよりまともなやりかたが思いつけない。まあいいさ、本質的に複雑な問題に対しては、どうしたって複雑な答えしかないんだ。そういう妥協ができるようになったのは、たぶんこの数年のことなのかなとすこし思う。まあ明日汚い実装をやりましょう。

夜はすこし小説を読む。最近また字の本を読む気力が復活してきている気がしてうれしい。このへんの積み本を片したらそろそろちゃんと数学の勉強を始めたいと思う。


明日は病院(定例)。あれそろそろ行く意味なくなってきた感じあるけど、まあ月に一度のことだし、たまに血液検査とか受けるのも悪くはないし、みたいな。


0806

最近特におもしろいことがない。また本をいくらか読むようになったけどそこまでおもしろいわけでもない。やはり数学の勉強に復帰しなければならない。でもまた話題のSFとか漫画を買ってしまった。まあいい。


仕事は不具合対応など。どうしても生やしたくなかったフラグを生やして問題を回避するなどの行為をした。いや、し終わらなかったんだっけ。そうだ、とりあえずそれなしでも解決できる問題だけを先にやって、そっちは別途対応にしたのだった。そしてそれは思ったより面倒であることがわかってきた。たぶん設計をちょっと深いところから見直す必要があるだろう。やれやれだ。

そういえば会社でリモートワーク導入に関する議論が始まっている。導入できたらいいなと思うけど、実際に回すのにはいろいろな知見が必要だろう。試験的に導入されている部分があるのだけど、その人らとすこし仕事をした感覚では、日頃顔を合わせない、というか顔をよく覚えてない人と連携して動いたり議論したりするのはそこそこしんどいということで、これはもう、プロジェクトのメンバーが入れ替わったらしばらくは対面で仕事する、とかそういうことをするしかないのかなという気がする。いや、もちろんそれなしで回せるかもしれないけど、そうしてしまうのが楽なんじゃないかな。

稼働量や稼働時間がどうとかについては、ぶっちゃけバーンダウンチャートがちゃんとバーンダウンしてればなんだってええじゃろ的なことは思う。いっそ裁量労働制にすればいいのに。でもまあ仮にそうしたとしてその上で正当な評価を与えるほど成熟した評価制度を弊社は持っていないと思うけど(聞くところによると裁量労働制を謳っているくせに労働時間が短いことで給与が減る会社があるとかないとか)。

あと気になるのはセキュリティのことだよね。たぶん正気にTLSを使いVPNを運用していれば、社員が悪意を持って行動しない限りは問題にならない(そして悪意を持って行動されたらいまの仕組みだって一発で終わる)と思うんだけど、そんなのは技術的絵空事であって、実際にクライアントに納得させられるかというとまた別の話なんだろうと思う。よその会社はそのあたりどうやってクリアしてるんだろうな。


今夜はすこしお酒を飲みSFと漫画とSFを読んで寝ます。明日は何するんだっけな。ああ、まだ検証チームにバレてないけど僕だけは知ってる不具合を直すんだった。やれやれ。