diary

0216

大きな病院に行きました。診察を待つのはいいとして、会計を待つのが一番長かったのは解せぬと思った。早起きしていったのに仕事に遅刻した。

初診だったので、現状の説明と、じゃあ次回いくつか検査しましょうねという話をしただけだった。次回は来月。
憂鬱で平坦な毎日の中で病院の予約だけが確かなリズムを刻んでいるなと思った。そんなリズムは要らんとも思った。


仕事は憂鬱。少しがんばれたような気がするけど、単に目標が下がっただけのような気もする。難産だったけど形になってきたような気がするし、単にとっちらかってるのを見慣れただけのような気もする。まあいいさ、そんなにつらくなかった、そのことを大切に思おう。