diary

0209

こんな日記を毎日読んだり書いたりしている人は、もはや通常の意味での面白さなど期待していないと思うのだけど、最近赤の他人の日記を読んだら面白かったので、はー僕も面白い日記が書けたらよかったのになあ、と思いました。なので天気の話から始めましょう。

雨が降るんだか降らないんだかといった天気で、傘を持っていかずに出たらお昼ご飯のときに降ってて困りました。寒い日に傘をさすとポケットに両手を入れられないので手が冷たくてかなわない。

要するに天気の話をするのにもセンスというものが必要なんだなと思う。やめにしよう。


お昼から仕事。いつもより元気がないので朝起きるのに手間取った。単に寒いせいだといいんだけど。
明日から別の案件に投入されるらしい。急なことで十分にパフォーマンスが出せるのかとても心配だ。前に似たようなことをしたときはあまりうまく行かなかった気がする。新しいことに素早く馴染む体力がいまの僕には足りない。

明日も自分が正しく機能できるのか、毎日不安に思っている。そして実際あまりうまくできていない。とても苦しい。

あまり関係ないけれど、会社をクビになる夢を見たのだった。なんか打ち合わせ?で来た人に対して僕が失礼な言動をとってしまい、社長に怒られてそのまま辞める夢。別に近々そういう予定があるわけでもないのにそういう夢を見るのはどういうことだろう。(単にしばらく休養したいというだけのような気もする)


不安感を胸に、今夜も眠りましょう。ようやく金曜日に泳ぎついた。