diary

0827

午前中にカウンセリング。以前と比べて「よくわからない」という返答が多くなったね、という指摘。言われてみるとそんな気もします。なんでだろ、なんだか深く考えるのが億劫になってしまった、ような気もしますし、単に以前より睡眠の質が落ちていて午前中ねむいことが多くなった、というだけのような気もします。そっちのほうがありそうかも。
研究に意欲が持てません、という話をまたした。僕がいまなんらかの意欲を持って進められること、たとえばバイトでやってるプログラミングのような、そういったことと研究とをうまく結びつけることはできないだろうか、と提案してもらいましたが、むつかしそうです。可能性としては、構造の設計を機械的に改良するようなことを考えるのですが、そのあたりはちょっと僕の知っている領域から遠いので、いまからどうにかできるようにはあまり思えません。いい結果が出るとも限りませんし。
そういえば、「なにか文章が書けそう」と言われました。悪い気はしないのですが(はあ)、でも書けないものは書けないわけで、かなしいなと思います。でもな、わりと頻繁に「書けそう」みたいなことは言われるので、僕が書けないのは純粋に技術的な問題なのだとも思えます。だったらどうにかできるのかというとそれも違うのですけど。技術ねえ。構成とか、そういうこと。書けるようになりたいな。僕はねえ、自分が言葉を書く、その声にだけは、すこしばかりの自信を持っているのだ。

午後はバイト。今日もあまり救世度は高くなかったのですけど、UIまわりは不慣れなのでいろいろ勉強になりました。まだAutoLayoutを味方につけられていない感じがありますけれども。

夜はすこし実験をして、バイト先の知識共有サイトに記事を書きました。僕が作ってほしいといって作ってもらったものなので、僕が盛り上げてゆかないとね、とか思っています。
それに、なんだか最近いよいよバイト先に就職しそうな雰囲気になってきたので(考えるのがいやになった)、存在感をアピールしておかんとなあ、みたいなことも思います。


明日は午前中に診察。午後は研究室でいろいろ計算をしましょう。やることをもらっているから、それほど不安な気持ちはありません。よかった。