diary

1229

救いたいひとを救いましょう。守りたいものを守りましょう。善なるものへの憧れを胸に、悪を注意深く拒みましょう。


もうほんとうに今日という一日はなにひとつ大学のことをしていなくて、輪講準備もだし学会予稿もだしほんとうになにもしていません。そもそも布団から出たのが十八時でした。ヒャー。

現実逃避のために部屋を片付けています。べつに現実逃避のためではないのですけどそういう効果があるのでやる気が出ます。

三年半前に母に無理を言って買ってもらったキィ・ボードを仕舞いました。ほとんど使っていなかったし、結局置く場所がなくて、こいつが本棚周辺の物密度を上げて混沌を呼び込んでいたからです。本棚のアクセシビリティの低さとそれに起因する散乱。これですこしは片付けがしやすくなるでしょうか。
ほかにも、電気ケトルのかわりにポットを復帰させようと思います。そのほうが、お湯への障壁が低くなって、生活がすてきになると思ったからです。そのような仕組みをいくつか導入することにしています。そのうちのいくつかはあまり機能しないかもしれませんが、いくつかはきっと生活をゆたかにしてくれます。そのように祈ります。

そういえば、キィ・ボードを仕舞ったので、その時に買ったヘッドホンをiPhoneに挿してみたら、成程というような音がしました。普段使いにはしませんけど、ときどき思い出そうかな(アッこれ使わないやつだ)。

片付けが今夜中に終わってくれればいいのですが。


そういえば、つくろうと思ってた勉強サイト、pukiwikiにmathjaxつければよいのでは、と一瞬思ったけど、どうなんでしょうかね。記法とかいろいろ調べて、それから考えましょうか。