diary

1224

We wish you a Merry Christmas,
We wish you a Merry Christmas,
We wish you a Merry Christmas,
And a Happy New Year.


なんにもしていません。なんにも。
学会のための準備はどうもうまくいっていません。というか、考えれば考えるほどこれは発表するに価しないものだと思います。なんの挑戦もない、なんの達成もない、夏休みの絵日記のような、そんなものを自分の名前において発表しなければならない、そんな辱めに耐えられるとは思えません。

精神的に破滅状態にあります。寂しさ、焦り、絶望、そういうものが全部いっぺんにあって、方向はわからないけれどただ巨大な不安感があります。ほんとうに僕はもう死んでしまうしかない。それが一番安心できる方法なんだ、そう思います。
以前の自殺願望はなんだか先の見えない霧のようなもののなかにあってあやふやでしたが、今はその向こうに陸続きに死があるのだと思っています。歩いて行ける場所。そのための方法はみんなわかっている。
なんだって僕がそんなことをしなくてはいけないんだ。だけどもう、僕が現世で幸福になれる可能性なんてひとつも残されてはいないんだ、もう希望は残されていない。それはもうなくしてしまった。僕がなくしたんだ。そしてそれはもう与えられることはない。罪の意識と悲しみを同時に感じつづけて僕にはもうなにもわからなくなってしまった、なにを望めばいいのか、どこへ向かえばいいのか。
僕にも早く狂気が憑依すればいいのにと思います。それは転生かもしれないし極楽浄土かもしれない、とにかくそういったものの力を借りなくては死ぬことはできないと思う。こんなに不安を感じているのに、まだ僕には不安が足りないのか。


明日は打ち合わせするらしいですが、準備する気力がまったくないです。困りましたね。