diary

1102!

午前中に学科の友人と文具店にゆき、先の細い消しゴムとデッサン用の人形を買いました。お昼は豚汁専門店に行ったのですが、具合が悪くてぜんぜん食べられませんでした。食べられないかもしれないと思うとどんどん怖くなって、指先に力も入らなくなってしまうのでした。最近そういうことがちょくちょくあって、自分で制御できるうちはいいのだけどそうでない場合に対策は必要だよなあと思っています。

で、風邪気味なのです。ものすごく熱っぽくてふらふらしていて、ものもきちんと考えられないので実験とバイトはお休みしました。実験は一時間おきに偏光板を回すだけなので相方に任せてしまってさほど問題は無いのですが、バイトのほうはタスクが溜まっているのでたいへんに罪深い気分です。早く治さなくてはなりません。

そういうわけで家に帰ったのですが、体温は平熱の範疇にあって(36.4度ってたぶん僕としてはすこしだけ高いのだけど)よくわかりません。

そういえば結局午前中に買ったいろいろは控室に置いてきてしまいました。悲しいです。


おもしろい問題を聞きました。sleeping beauty problemといいます。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B2%A4%EA%C9%B1%CC%E4%C2%EA
高校の時に知っていたかった問題。でも実はそんなにパラドキシカルでもないのかも(と控室では結論づけられた)。ほんとうはそんなことなくて、しっかり考えないと存在さえ気づけない難題を孕んでいるのかも。


さて、明日は文フリですがこのまま具合が悪いとゆけません。具合が良くなった場合はバイトに行くべきとも思います。絵も描かなきゃ……


(追記)なんか素知らぬ顔でタイトルを"1014"としていましたが多分時計を見て10:14だったのでそうしたのだと思います(直しました)。