diary

二月十一日ですけど!

午後からバイト。Railsでちまちま。でも実際はrubyのコードはほとんど触っていなくて、誰かの書いたjavascriptのバグを修正したりレイアウト崩れを直したりでした。バグ修正って、バグを見つけて原因を理解するまでは楽しいんだけど、そこから修正するコードを書くのはどうも面倒に思ってしまってよくないです。手を動かさなければ。

そういえば僕はあまりバグに苦しめられた記憶がないのですが、まあ小さなものばかり作っているからでしょうね。

夕方はバイトの新人研修で同期が講義らしきことをしているのに突っ込みをいれたりしていました。少々出しゃばり過ぎたと反省しています。人が話しているのだってちゃんとその人なりの考察が背後にあるはずなのにそれを遮って話をするのはよくない。

でも、と思うのです。これからプログラミングをする人が、まず最初に学ばなければならないのは、文末のセミコロンだの文字列の連結だのそういうことではないような気がするのです。もっと抽象的な、一般的な、思想のようなものに、まず出会わなくてはならないのではないか、と思うのです。僕はうまく話せないけれど、必要なことをあるべきように整列した一条の説明というものが、どこかにあって、それが、僕が何年もかかってたどりついた景色の、その方角だけでも示してくれるのではないかと、信じているのです。

そういえば、一人いろいろ質問しているひとがいたな。名前は忘れてしまったけど。


いまは帰り道の電車の中です。返ったらSとSkypeをしてねむるつもりです。精神的に春休みはまだ始まりません。