diary

九月二十四日ですけど!

いやあ、朝のオーバートップギアはすがすがしいなあ。


またこわいビデオを観ました。思いもかけないところから歩行者が飛び出してくる話とか、優先道路を通っているのに車がはみ出してくるのとか。おそろしい。でもあのビデオは嘘だ。最初に「優先道路だと思って確認を怠っていると…」みたいな時と「速度を緩めておけばよけられます」の時では車の飛び出し方が違った。それくらいだったら最初のでもよけられるんじゃあないかねと思った。

自動車はやっぱりおそろしい。運転席ではそんなに速度が出ていないつもりでも、やっぱり人が当たればいやな音を立ててはじき飛ばす。法律の上にもう一層、守るべき常識のようなものが暗黙に存在するのもいやだし、法律を守ったからといって事故がなくなるわけでもないのもいやだ。いくら悪くないと言ったって相手が死んでしまえばどうしようもないのだ。やっぱりそんなシステムの相手はしたくないなと思う。

でも、代わりに運転する人、というのもいやだなあ。電車とかに乗りやすい場所に住める身分になりたい。


友人たちも修了検定に合格して仮免許を取得したようです。帰る日が僕より二日遅いし講義の時間もあまり重ならないようだけど。帰りたいな。