diary

0530

街灯に照らされる雨粒が、これが水滴の落下現象であることを僕に思い出させる。


仕事は暇〜と思いきや不具合対応に追われる。これを1人日未満と見積もった僕と雑に対応した僕とiOS11(というかiPhone X)への憎しみが募る。雑な対応は完全に僕の慢心ゆえの結果であってそれは反省する。
とりあえずレイアウト崩れ系はだいたいなんとかしたので一段落かなあと思うけど、なんか厄介そうな既存不具合に手をつけないといけない気がする。というかiOS11との闘いもまだ決着ついてないし。これはデザインのほうを曲げてもらうことになる気がするなあ……。まあもうちょっと粘ってみよう。


僕だけが自由意志を持つのならば、僕だけが真の意味で道徳的であるに違いない。(それ以外の人々はただあるがままに動いているだけだからだ)(もちろんそれは彼らが不道徳だという主張ではなく、道徳的とされる人はそれなりの理由があって道徳的とされる行動をとるが、僕だけは理由なしに道徳的であり得る(それを選べる)ということだ)

僕は神を再発明しようとしているのだろうか?(誰しもがそうしなければならないのではないだろうか?(僕以外に、誰が?))