diary

1008

お昼頃に起きて、そういえばと思って眼鏡を買いに行きました。一応買えたのだけど、ああいった店内で自分の顔をためつすがめつするのは精神に負荷が掛かる体験でした。あと(よく言われることですが、)いつもの眼鏡がないと顔がよく見えないから結局よくわからない。
まあ無難なものを選べたと思うのですが、もう一回り大きいものを選ぶべきだったと後悔しています。視野の下端に境界が見える。それとも慣れるかしら。


テキスト生成は、うまくいっていないとずっと思っていたのを改めて試してみたらけっこううまく行っていたのでちょっと嬉しい。でも普通にLSTMでやったらそのくらいにはなるんじゃないのかという気もする。そっちはそっちで試そうかなあ。

「カリテキを挟まれたサクライマピタ(気を揃う」って思う」
「僕がすごい人とかいうことでしかないからだろう(僕がねこからめ)(なので……))。」
「@長門のバイトのプレゼンがなかったことになって相談してる)」
「鳴き調子が良さそうだなあ、僕は僕をたくさん現れるのか」
「おなかがすいてきたほうがいいな。ふぁぼっててこ二位まとめきりにしているという注釈方法があるのだなーと思っておきまで食べすぎた感があり帰ろっとかという問題とわりと指摘されている」

などなど。