diary

総括される2011年

あまり記憶にない

一月にはまだ三年生だったはず。普通みたいな感じに日常が進んでいた。

二月のことはおそろしいほど記憶にない

三月には地震があった。それがなにか変化をもたらしたのは確かだけども、変化をもたらさないことなんてないので比較的どうでもいい、でも確実につまんないことは増えたかなって思う

四月には場の量子論のゼミを始めた。研究室配属で素粒子系を選んだのであった。今思うとそんなにこじらせることもなかったのにとは思えど、良い経験であったには違いない。

五月には五月祭があったはずだし、なんか粉体シミュレイションとかやっていた気がする。結局完成はしなかったのだけど。

六月ごろからなんか精神的に破滅していたと思う。主な原因は進路かな。やりたいことがなにひとつ見つからなかったのであった(いまもあいまいなままだ)。就職をすこし考えたり研究室ガイダンス(?)を全部休んだりした。ゼミもだんだんついて行きづらくなるし、ほんとうに精神崩壊していた。

七月はいよいよ破滅。進路が決まらない。なんかバイトに精を出していたような気もする。研究室見学には自分では行っていないけど友人に誘われたところについて行ったりした(そこに決まった)。月の終わりになんか倒れた。救急車(ささいなことでしたけど)。

八月は心身ともに破滅。前月のおわりに胃を壊したのがストレスもあいまってだらだらと続く。うどんしか食べられない生活が続き体重が激減(これはちょうど増え気味だったのでよかった)。これ以来外食に対して「残してしまうのではないか」とか「あとで戻してしまうのではないか」という恐怖を覚えるようになる。勉強はまあちょっとだけした。で、院試。あとこの頃からSとの関係がぎくしゃくする

九月は院試に受かった。一応第一志望と呼ぶべきところ。あとなんだかふらふらと名古屋に旅行したりした。Sと別れて、悲しみにくれて、それから仲直りした。自動車免許をとった(筆記試験だけ受けていなかったのだ)。二十二歳になった。

十月は冬学期が始まって、実験が始まって、くらいかしら。あまり憶えていません。ああそうだ、絵の練習を再開したのはこの頃かな。

十一月は実験とバイトばかりしていたような気がする。

十二月も実験とバイトばかりしていたような気がする。来年同じ研究室に進む友人と輪読を始めた。Sとふたたび別れて仲直りしてまた別れた。夏以来の僕の精神的な変調は改善の見込みがあまりない。


まとめてみたところでよくわからない。来年の目標は「海容」にしようと思います。内なる善と巨大な寛容、それが正しい道だと定めます。


昨年中はお世話になりました。今年もよろしくお願いします。


0101

あけましておめでとうございます。本年もよろしくおねがいします。
とりあえずAtomフィードのことは東京に戻ったら直したいと思います(二回目)。

しかし0101ってすごいですね。


CoreTextでほにほにすることを調べています。UITableViewCellを自前で描画してほにほにです。これで高速スクロールが実現されるはず。されてください。


夕飯はカニ鍋でした。あとトリビアの泉のスペシャルを観ていました。明日は母方の祖母を訪ねます。


0102

母方の祖母に会いに行きました。従妹弟とも会いました。


海容。


0103

ありえないほど肩が凝っています。たぶんそのせいですこしめまいがします。


父方の祖父母を訪ねました。祖父は(話には聞いていたのですが)すっかりだめになってしまっていて、きっと来年はないのだと思います。祖母も片眼が視えなくなってしまったそうです。彼らも八十五かそのくらいだしそんなものかとも思いますけれども。

たくさんの侮辱。

いまは東京におります。明日はSと会うのかもしれない(会えたらいいと思います)。ゼミはなしにしました。


0104

自分の家はやっぱり実家よりはだいぶ落ちつきますね。


ずっと寝ていました。夕方から動いています。昨日新幹線の中で取り組んだCoreTextの描画のバグを修正したのでだいぶよくなりました。日本語に対応するにはけっこういろいろいじらないといけないぽかったです。これがいいアプローチなのかはよくわかりませんけれども。今夜は画像の描画をやってみようと思います。余裕があれば遅延ロードと遅延描画も。

そういえばSと会うのは明日に延期されました。なので明日会います。楽しみです。


明日は大学。午後から実験。明後日は休講だったはず。今週はバイトは入れてない、はず。九日も休みだし、まだしばらくゆっくりできる、のかな。ああでもレポートには手をつけなくてはいけませんね。


0105

あらかじめの宣言として今日の日記には虚偽しか書かれていない。この宣言そのものが孕む矛盾をしてクレタ人の逆説と呼ぶ。だからどうしたと言われて答えて曰く、別にどうってことないさ。そうだね、ただ北米大陸で一番頭のいい男がどこかへ行っちまった、ってだけのことさ。松虫の鳴き声だけがこだましている。


昨晩はCoreTextのほにほにをそれそれして、それから画像の描画に移ってはみたものの普通にCGContextDrawImageで描画してもさしてパフォーマンスの低下が見られないので悩んでいる。きっとなにかを見落としているのでしょう。CALayerとPNG最適化のことを考えなくてはいけません。流れとしては裏でBitmapContextに描画して(この時点でRetina対応したサイズにリサイズしたりクリッピングしたり影をつけたり)、それからピクセルデータを読み込んでzlibでPNGに圧縮して、それからCALayerに投げ込むとかでよいのかなと思います。なんだか断片的でよくわからないなこれ。


午後から実験。打ち合わせ。レーザの装置が死んでしまったとかで、それは業者に頼めば直るだろうし最悪替えの利くものなのだそうですが、とにかく今日は無理とかで、かわりに学会発表のための予稿を書いてみたまえ、とか言われました。学会に出るらしいです。こわい。そんなにたいした成果も出ていないように思うのですが、成果はこれから出るのでしょう。そういうの、人死にが出るからよくないよなあ、って思います。きっとがんばります。きっとね。


明日は午後から実験室に行って相方とその予稿の相談をして、それから准教授に添削してもらって、うまくゆけばそのまま提出とかなんだと思います(〆切九日とかで急すぎです)。きっと「出たくない」なんて選択肢は想像されていないのだろうなあ、とか、まあでも、日本語で10分喋るくらいだったら僕でもできるか、とか、最悪発表者一人だけだし相方に投げれば良いか、とか、でもそんなもの準備してる時間あるんかいな、とか、とかとかとかとか。


May everything goes well!!!!


0106

学会に出るらしいです。登壇は僕じゃないけど、実験は春休みも続けることになるでしょう。そんなにヘヴィではない予定だけれども。


春休みを束にしたよりこの連休がゆっくりできそう。


0107

なにもしていません。OAuthの仕様書とか実装してあるソースを読んだりしているような、いないような。自分で書こうと思っていたけど思っていたより面倒?とかそうでもないかな、みたいな。でも暗号化のこまごまはちょっと知らないこと調べないとだめそうですね。プロトコルそのものの理解もまだあやふやだし。

でも、知らないものを使ってるという点ではソケットをどうこうするプログラム書いたことない時点で同じのような気もしますが(いろいろ省いてよくわからなくなってる)。


今夜もそのあたりがんばろうかなとか、ああでもお酒飲んでどうでもよくなりそうだなーとか。一月七日は犠牲になったのだ。とにかく今夜はこれからごはんをたべます。明日はレポートを書きます。明後日はゼミがある?のかな。