diary

1201

十二月になりました。朝からとても寒かったです。


寒くて布団から出られなかったので実験にすこし遅れました。実験は困難を深めています。偏光が楕円になるのを補正するために1/4波長板を入れているのですが、その挙動が想定されるものとまったく異なっています。これはもしかしてほんとうは1/4波長板ではないのではないか、ということになって助教さんが調べてくれるそうです。きっとそんなことはないのですが。でもほかに原因もよくわかりません。悲しい。

そのあと控室でぼんやりしていたら麻雀に誘われました。ひさびさでルールがうろ覚えでしたがなんか勝ちました(きっとまぐれです)。でもせっかくの青天井だのに安い手ばかりでもうしわけないなとすこし思いました。


http://www.cs.berkeley.edu/~vazirani/algorithms.html
アルゴリズムの勉強。

http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/pdf/ParityRG.pdf
くりこみ群。


今夜は絵を描くと思います。あと夕方はバイト先のプレゼンです。


1202

十五分ほど寝坊して場の量子論。バイトはプレゼン大会。なんか、なんのプレゼンなのかよくわからないのがたくさんあったような気がします。僕がなにか言えるようなあれでもないのですが(いつもどおりひどかった)。

仕事はCoreTextで遊びましたがあれむつかしいですね。


明日もバイトです。悲しい


1203

昨晩は恋人とskypeしているうちにすっかり遅くなってしまったのでそのまま眠りました。なにもしていません。


午後からバイト。描画関係を仕上げました。あとは適切なデータの受け渡しを考察するだけです(そこが長い)。


今夜こそお絵描きするのや、ああでもobj-c触りたい


1204

なにもしていません。レポート書かなきゃいけない。ゼミの予習はろくにできなかったし、コードも書けてない。悲しい悲しい悲しい。


もうだめかもしれない。


1205

振られた?


1206

振られたような気がします。そうではないのかもしれません。はっきりさせたいようであり、はっきりさせないほうがよいような気もします。いずれにしても、僕はいまそのどちらも考えたくありません。すこし、待って。誰か。


実験がうまくいっていません。


1207

なにも考えたくないです。かなしい。
僕はゴミなのだ。だから、棄てられたのだ。


午前中に銀行で奨学金返済の引き落とし?の手続き。どうせあと二年在学猶予とるんだからいまやらなくてもいいような気がするけどやらないといけないらしいのでやりました。口座が地方銀行のものなので東京支店に行ったのですが東京の真ん中の銀行ともなると僕の場違い感がやばかったです。死のうかと思った(小嘘)。ああいう場所では仕事できないなあと思った。もっとだるい感じのところがいい。

午後は実験。先月見えていた直感に反する現象は、やっぱり偏光制御の甘いのが原因ぽいです。わりとがっかり。だけど、これはまえにこの実験をやった人たちよりも精度良く偏光を制御できているということなので(彼らも同様の現象を報告していた)、まあいい、のかも。

夜はバイト。バイト先でぼんやりするより夜に自宅でお酒を飲みながら書いてるほうが進むのは錯覚なのかもしれませんがよくわかりません。僕という人間はだいたいそういうあれなのかもしれません。


明日は実験だけ。あああと素粒子物理学のレポートを書かないと。


1208

明後日は皆既月食なのですね。

昨晩飲み過ぎたせいで実験に一時間半遅れました。実験はまた奇妙な感じのデータが出ています。でもきっと制御が足りてないのでしょう。

実験のあとは控室で麻雀をしました。最初けっこう負けて、途中でちょっと勝って、最後は三位でした。麻雀、基本的な技術だけは覚えておこうかな、とすこし思いました。

あと素粒子物理学のレポートを書きました。控室のホワイトボードに貼っておいたので明日誰かが出しに行ってくれるとうれしい。でも行けたら自分で行きます。


今夜は奨学金返済の書類を埋めて、明日は住民票を取りに行ってから手続きをします。


僕には話せること、あんまりないけど、それでもお話、したいのです。