diary

1117

会社の先輩と女子大生と高尾山に登りました。非常に疲れたし頂上にはおびただしい数の人間が蠢いておりああこれなら東京タワーのほうが疲れないだけましではないか、という感想。帰り道はてくてくと歩けてよかったけれども。
そういえば女子大生には多少気に入られたようで(という解釈でいいのだろうか)メール・アドレスを訊かれて教えましたが、これといって連絡もないし連絡されてもどうしたらいいのやら。

そのあとお酒を飲みながら先輩に独我論を説きました。お酒なんか飲むからいけない。話しながら、いやそれはだいぶ前にこういう批判で倒したんだけどねーとか思いつつ、それを全部しゃべると話がまったく意味不明になると思ったので言わなかったりしました。まあでも、昔はそんなことを考えていました、くらいで。
「俺たちは騙されているかもしれない」みたいな話は苦手だなあと思います。それって一回疑ったら無限回疑わなきゃいけないようなものじゃないの、というのと、あと単純にそういうのって「わかりやすい構図」なので誤謬の気配があるな、というのと。


さて、なんかこれだけで土日が終わるのすごいつらいのだけど、明日は月曜日で会社にゆかねばなりません。先輩社員が僕に名刺の使いかたを教えてくれるらしいので教わりましょう。あと仕事がそろそろ面倒になってくる頃か(まだ二転三転しているようだけど)。はああ。