diary

0605

洗濯物を干すという行為についての感想なのですが、これはまったくクリエイティヴではない。


仕事はなんかシステムお絵描きを投げられる。やったことないしシステムの全貌を飲み込めていないのでいろいろ勝手がわからないのだけど、まあこういうこともできないといけないよね、と思うので一旦は引き受けてみる。できなかったら早めに投げ返すようにする。

あとは上長と面談。それぞれのお気持ち。


僕は理詰めでものを考えるのがあまり得意ではないから、他人を理詰めで責めたりすることはそんなにない(と思っている)のだけど、もしそうでなかったらそうしてしまうだろうな、という気はしていて、まあだからなんなのかという話なんだけども。


今日は帰りが遅くなってしまったうえに電車で帰ろうとしたら電車が止まっていて結局歩くことになってしまった。なんか二倍疲れた気がする。途中で雨降ってきたし。ハー。