diary

0306

別に記念すべきでもなんでもないのですが、Twitter暦が十年になりました。マジか。マジか、という感慨しかない。その頃の日記には特にTwitterを始めたという言及は見当たらない。でもたしかに十年前の夕方に実家のあの部屋(いまは母の仕事場になっている)で始めたのを覚えている。もう何度も言っていることだが、十年というのは手のひらにおさまる時間になってしまった。


仕事はスマートスピーカー云々と自社Webサイトの改修。スマートスピーカー云々は明日お客さんを招いてデモンストレイションをやるのでその最終調整。てか結局僕がデモやるのかよ〜〜緊張する〜〜着ていく服がない〜〜微妙にうまく動かない〜〜ウ〜〜。


ウ〜〜。