diary

1101

いい甥の日ですね。(そんな日はない)


仕事はぜんぜん進捗なし。不具合から目を逸らしつつ落ち穂拾いを進める。そういえば就職して四年が経ち五年目を迎えたはずです。まじかよ、歳をとるわけだぜ(最近そればっか言ってる)。


ところでTwitterのフォロワが(一時的にですが)4000人を超えました。やったね。でも3000人を超えたのはどうやら2012年のことのようで、どんだけ減速してるんだよという感じでもあります。仕方ないよ、僕はそれだけつまらなくなったのだから。


今日は帰って来てボンヤリしてたらちょっと寝てしまったのでこんな時間です。もう寝るぞ。寝られるかなあ。


1102

実効的金曜日なのであんまりやる気がなく、そうはいってもとちょっとやる気を出してUIの改修などを行う。そうすると一日に必要な達成感を十分に得てしまったので後半はぜんぜんやる気がなくなってお話とかしていました。お話が高じて先輩たちと焼肉へ行き、店の外に出てみるとなぜか雨が降っていました。これって人生みたいじゃないですか?(なんでも人生みたいだと言ってみるメソッド)


今夜はもうすこしお酒を飲んで、アニメとかは特になくて、ただぼんやりと飲むだけ。三連休の初日はこうして溶けて消えてゆきます。


1103

夕方に起きて靴を買いに出掛けました。ものすごい人混みの中をさまよってひどく疲れた気がするし、靴を選ぶのも緊張してあんまりうまくできなかった気がするけれど、とりあえず目的は達せられたのでよかったことにします。まだちょっとしか履いてないけど小指が痛くなることはなさそうだ。よかった。帰りにウイスキー買って帰ったのもよかった。

それ以外は特になにもしていません。お酒を飲んでいます。


1104

無内容な一日。ずっと寝て、夕方にすこし起きて量子力学の教科書をすこしだけ読む。夜はお酒を飲んでアニメを観る。日本シリーズで横浜が負けたと聞く。べつに応援してないけど、ちょっとだけ残念に思う(僕のidentityは横浜生まれなのだ)。


1105

完全に虚無な一日。昼寝と食事しかしていない。どうしてこんなに虚無なのか。薬が足りていないのか。明日からまた仕事だ。三連休のあとの五連勤はつらい。しかし少なくとも虚無に支配されることはないだろう。嫌な二択だ。


1106

月曜日。具合があまり良くなかったけどリリース作業があったから休めず。まあ結果的には問題なかったのでいいでしょう。
すこし工数に余裕があるよと言ったらなんか重たそうなところを振られたのだけど、これどうしたらいいんだろう。個人的にはReduxアーキテクチャがあまり得意ではないのだが……。

帰り道、橋の上からきれいな月が見えました。それが今日いちばん良かったことです。おやすみなさい。


1107

仕事の前に病院(定例)。十時四十五分の診察予約なのに十一時半まで待たされる。診察は二分で終わる。まあいつものことだ。

仕事はReduxとの闘い。不慣れなアーキテクチャは消耗するけれども、やっていかなければ年収は上がらないのだろう。やっていったら上がるのかというと別にそういうこともない気はする。


まだ火曜日だのにひどく消耗している。明日は上長と定例面談。


1108

なんか早めに起きたので早く会社に行ったけどそのぶん居眠りしていたので無意味でした。あほか。


仕事はなんか微妙。Reduxには慣れてきたけどエラー処理とか超だるい。エラー処理、退屈で面倒なのにやらないわけにもゆかず、そういう意味で生活に似ている。面倒で退屈で、だけどやっていくしかない。

あと上長と面談。なんの話したのかあんまり覚えてないけどまあなんか専門性をとがらせていくべしみたいな感じだったと思う。Kotlin書いてみたいとか言ってる場合じゃねえ、とか。まあな、どうも昔からの性分でAndroidには親しみを感じられないからな。今からKotlinエンヂニャーレベル1を目指すよりかはSwiftレベル50とかになったほうがええんかもな。


「街のない地図」プロジェクトを再開しようかなという気持ちがすこし起こっています。ネットワーク構造は未定だけど。こないだ気づいたCycleGANとAAEの対応に基づくCycleAAEとか試してみようかなあとか、そんなことより普通にWGANじゃね?とか。DRAGANなんてのもありましたね。調べたらTensorFlow実装あるみたいだし、論文読んで実装してみようかしらん。とかとかとか。


カラーテレビが普及してから夢がカラーになった人が増えた、という話があるけれど、じゃあ白黒テレビが普及する前はみんな何色の夢を見ていたんだ、という気はする。


明日はインフルエンザの予防接種なので体温を測っていくこと。