diary

1201

昨晩はシンボル解決を書いたところでおしまいにしました。今夜VMコード生成かな。でももう遅くなっちゃったし今夜は作業しないかも。ってか勉強会の準備しなきゃだめじゃん。まあそれは会社でやればいいんだけども(そんな時間あるんかね)。


お昼から仕事。まあまあ進んだけどAPIが足りてない気配がある。というよりAPIが足りてないことを理由に目をそらしていた画面にそろそろ向き合わねばならないのではと思う。そろそろ終盤ですね。直したいところが無数にあるけれど。


「マイノリティは余分のコストを支払うべきだ」という主張は、おそらく各人の尊厳といったものと対立するのだけど、そうはいっても社会は回さなきゃいけないのだし、という政治の話になって、あとは声の大きさと話の上手さの問題になってしまうのかな、という気がする。


はー持病の具合がわるい。明日病院行こうかなあ。でも行ってもどうせ薬使いすぎなんですよ〜とか言われて様子見になるだけなんじゃなかろうかと思う。そういうの徒労感しかないから、だったらもうちょっと様子見かなあ。うーん……。


1202

昨晩は「はじめてのOSコードリーディング」を眺めながらうつらうつらしていました。pre K&R Cなんてものがあるのですね。演算代入が「=+」なの、現代の言語では考えられないけど、このときはこれでいいと思ったんだろうか。それともパースが楽だったりするんだろうか。謎。


仕事はまあまあ順調。小さいところだけど一画面ほとんど埋められたので、なんだか元気が出てきました。明日もがんばる。


あいかわらず持病の具合が悪いのだけど、これ病院行ってもなんか渋い顔されるだけで良くなるわけでもないしなあ、などと思うとわざわざ早めに病院行くのも躊躇われるし、精神の工合を悪くした人が医者に行くのをやめてしまったり薬を飲まなくなってしまったりする気分がわかるなあと思う。うーむ。もうちょっと様子を見てみようかしら。うーむ……。


エデンの園のチュートリアル:「アダムよ、動物をタップして名前をつけるのじゃ。 ※一度つけた名前は言語をリセットするまで変更できません。」


1203

昨晩はVMコード生成に取りかかったのだけど、思ったより面倒だったのであまり進まず。シンボル解決は書いてあるものの、手当たり次第に散らかっているせいで統一的にコードを生成するのが難しいとか。あと文字列リテラルに対していちいちコンストラクタ呼んだりしなきゃいけない、これはVMのほうに文字列リテラルとかつけらんなかったのかな。いや、文字列の扱いは結局クラスになってしまうんだろうか。


結局病院にはゆかずお昼から仕事。今日は全体的にAPI待ちだったので細かい修正をいくつかしたのと、あと勉強会の準備。AutoLayoutのライブラリでも紹介しようと思ったんだけど、いざ準備してみるとなんかつまんない気もする。まあよくあることだし、つまんなくてもいいんだけど。いやよくはないけど。
準備はだいたい終わっているけれど、今夜もうちょっとだけやります。


なんだか風邪っぽい。早く寝たいんだけどスライドもうちょっと作らなきゃ。


1204

昨晩は具合が悪くて目が覚めたりして最悪でした。仕事の前に病院行くので早起きしなくちゃいけなかったし。しかも早起きしたけど結局二時間近く待つことになってしまった。やれやれだ。でもやっとちゃんとした検査をしてもらえたからよかったかもしれない。

待ってる間にOSコードリーディングの本を読みました。プロセスの分岐って、一つのソースコードの途中からプログラムが二つに分裂するみたいな話っぽくてナンジャソリャと思ったけど、まあたくさんある中断されたプロセスの列が一つコピーされるだけなんだよね。あとプログラムカウンタをコピーしなくてもスタックだけコピーすればreturn先としてプログラムカウンタが含まれているんだねと、これはただの理解メモ。


仕事はあまり順調でない。画面の内容が一見したより不規則で、APIのほうにもだいぶ手を入れてもらわないといけない感じだった。うーむ、大丈夫だろうか。あと昔作ったNavConがなぜかうまく動かなくてションボリ。家で試作したときは動いてたから、なんか移し忘れてるんだと思うけど……。

海外出身の同僚が業務報告に何やら英文記事へのリンクを貼っておもしろいから読むといいよと書いていたので見てみたら水伝でした。英語圏を経由して変化球だ。で、それだけならまあワーオというだけなんだけど、ちょいちょい好意的な返信がついて来たので、ウームと思って一応それはそこそこ有名な疑似科学ですと指摘しておいた、のだけど、なんというか、ちょっと精神が不安定っぽくて、後悔しかない文面になってしまった、ような気がする。そもそもわざわざ指摘すべきだったかどうかもよくわからない。僕はなんだかんだで物理学を勉強したことをアイデンティティにしているんだなという気づきがあっただけであった。あと道徳。うーむ。


ところでSwiftがオープンソースになりましたね。パッケージマネージャの計画とかあって楽しい。あと普通に標準ライブラリのソースも公開されてるし、言語処理系のソースを見るのも楽しそう。でもどこから手をつけていいのかぜんぜんわからない。そういえば高校生の時D言語のコンパイラのソースをちょっと読もうとしてた気がする。東方紅魔郷のBGMと強く関連づけられた記憶だ。


さて週末。ちょっと体調がよくないからゆっくり休みたい気持ちと、天気も良さそうだし遊びに行きたい気持ちとがあります。とはいえどこに行くかとか考えてないけど。まだあまり行ったことのない方角に行こうかな。まだ行くか決めてないけど。


1205

微熱っぽいんだけどこれは持病が悪化したんだろうか。それとも風邪っぽかったのが悪化したんだろうか。いまはあんまり風邪っぽい気分ではないから前者かも。うーむ。


そういうわけで今日は出掛けるのはやめにして、本を読んだりしました。「仏教思想のゼロポイント」を読みました。ブッダの説いた輪廻と涅槃について解説する本。日本で暮らしていると仏教由来の言葉や習慣がたくさんあるので、なんとなく仏教のこと知ってるような気がしたりしなかったりするけれど、そういえばぜんぜん知らないよなあと思っていたので、こういうのを読めてよかった。決定論による(俗的な)自由意志の否定と実存の肯定が最初から提示されていたんですねえ、という感じの理解。


今夜はいいかげんコンパイラに向き合おうと思います。他は特に考えてないけど本を読むかも。「斜陽」読んでみたくなった。


1206

昨晩はコンパイラを完成させました。やったね。実装を進めていて、あーこれ難しいなーどうしよう、と思ったところがことごとく言語仕様の制約で回避されていて、著者すげーという感じだし、普通の言語はちゃんとそういうのに対応していて偉いなーという感じ。


今日は特に何もしていません。なにもしていない。ちょっとだけ標準ライブラリの実装に入ったけど。メモリ確保のアルゴリズムを実装するくらいで精一杯かな。


金曜日以来一段と持病の調子が悪いです。薬が効いてないのかなあ。うー。


1207'

昨晩はメモリ管理ロジックを書きました。素朴だけど。具体的にはデフラグをかけない。まあそんなにメモリを喰らうこともないので不要でしょう。やるとしたらどんなロジックかなあ。でもいまの実装だと確保済みのブロックの位置を知る方法がないから確保済みブロックを整理するとかは無理で(ってか変数のほうも書き替えなきゃいけないからそれはどっちにしても無理か)、空いてる部分が断片化していることをどう判定するかという話になるんだけど、うーん、正気なアルゴリズムが思いつかないな。


お昼から仕事。あまり調子が出ない。サーバサイドと仕様を議論しなおさないといけないかもしれない。


今日も持病の調子がとても悪い。参った。今夜は標準ライブラリの続き。数学関数とか。でもあんまり遅くまではやらない。


OSXで動くTwitterをつくりたかったのを思い出したのでした。ってかtimeline取得までは作ったけどUIではまり込んで止まったのだった。うーむ。だけどテーブルのちゃんとしたアニメイションは難題なんだよね。簡単な所から試作してみたらいいんだろうか。まあまだしばらくはHack触ってるからやんないけど。


追記。そういえばそろそろ帰省の切符をとらなくては。去年の僕の日記によると12/20ではもうほとんど取れないらしいので、今週中くらいには動きましょう。


1208

まさか、後罪(クライム)の触媒(カタリスト)を〈鎮魂の光(ルミナリエ)〉無しで?


昨晩は数学ライブラリを実装しました。除算がうまく動いてなくてなんでだろーと思ったらコンパイラのコード生成が壊れていたのが原因だった。信頼できないコンパイラ!(そのうえVMもアセンブラもいまいち信頼できない!)


お昼から仕事。API待ちの合間にチケット化されてないタスクを潰す。見積もりが甘い。APIの繋ぎ込みも三秒で終わるみたいな見積もりになっててあほかと思う。僕がしたんだけどさ。あほか。

でも今日は具合が悪いのであまり進みませんでした。なんだこれ。熱っぽいけどどうせ熱はないやつじゃろと思ってたんだけど帰って測ったら微熱でした。マジかよ。なんだこれ。

そういえば最近口の中と皮膚が異様に荒れててつらいです。皮膚が荒れてるのは乾燥かしらと思うけれど、口の中はよくわからない。加湿器つけてるしビタミンとってるんだけどなあ。


「無能で説明できることに悪意を見出すべきではない」というハンロンの剃刀があるけれど、最近よく思うのは「『やる気がない/あなたが嫌い』で説明できることに無能を見出すべきではない」という逆ハンロンの剃刀だ。逆というほど逆でもないというかあんまり関係ないかもしれないけど(これらは悪意とは違うからね)。みんなそこまで真剣にやってないんだ。僕だって大概そうだし。それはどうなんだという話はあるけど、そうじゃないのはしんどいからね。


今夜は早くゆっくり寝なくては。でも髪が乾くまではコードを書こう。画面出力系とか?ブレゼンハム法を実装するチャンスだと思う。大学二年のときにrubyでやったけど。
明日は病院に行こうと思ってたけど、金曜日に訊いたら水曜日だと検査結果がギリギリかもよって言われたので、じゃあ明後日のがいいのかなと思う。うーむ。