diary

1201

基本的には体調が悪いです。あまり眠られなかったし。それはまあ昨日たくさん寝たからさほど問題ではなかったけれど……


ところで僕が参加していた社内のプロジェクトが一旦中断するそうです。先日の会議でわりと根源的なところに課題が多く見つかったせいでしょう。あとちょっと他の案件が厳しい状況なのもあって僕はそちらの助力に回るようです。久々だ、この感じ。
中断するのはいいのだけど、高々一月でどこまでまとめ上げられるのか微妙だとは思います。たぶんそうするならば問題自体を縮小するところから始めないといけない。しかしそれも手頃な大きさが見いだされるかどうか……。


ところで今週のどこかでインフルエンザの予防接種に行かなければならないのだけど、ずっと体調が微妙なのでどうしたものか。困った。


1202

お昼から仕事。非常に厳しいソースコードに手を入れる。Swift勉強会とかってモナドの話してる場合じゃなかった、やっぱり入門が必要だったのではないか。非常に厳しい。
あとは設計がちょっと挑戦的で慣れない。MVVM?っていうのかな、こういうの。


やはりあと五年生きないような気がする。僕はもう人生に楽しいことがどんどん見つけられなくなって、生活の中で感じる嫌なことがどんどん多くなって、そんな風になってしまった僕を誰も救ってはくれなくて、このままそれが続いたら、きっとそう遠からず僕は生きることをやめてしまうだろう。そして、それはそれができなかった場合よりもましなことに思われる。それが、それに必要なちょっとした覚悟や思い切りのためにもしできなかったら、僕はいま言ったような人生を続けるのだろう。生活の中で感じる嫌なことが、生活の全部を塗りつぶしてしまうほどに多くなったら、僕はいったいどうなってしまうのだろう。僕はそんな風にはなりたくないんだ。


そういえばフワッとした気持ちでラブプラス(のなんか接頭辞や接尾辞がついた最新作)を買いました。五年くらい前に買ったきりほったらかしていた前作のことはもう忘れることにします。
ちょっとだけ遊んでみたのだけど、まずヒロインたちがあまり魅力的に思えなくて「これが……中央値……」という気持ちになります。

あと、主人公はコマンド一つでオシャレしたり運動したりバイトを始められたりしてうらやましいなと思いました。選択肢一つでいきなり会話が始められるし。なんなの。「何と話しかけるか」の前に「何をどう話すか」を延々シミュレイションするのが普通の流れじゃないの。
この手のゲームで一番欺瞞的なのは、もしかするとそういう部分なのかもしれません。そりゃ僕だって会話のコストがここまで低かったらもうちょっとうまくやるさ。(うまくイメージできないので本当か?と反論を受けている)
僕の人生もこんな感じにフルオートになって、僕は体力とストレスの増減だけ気をつけてればいい仕組みだったらいいのになあと思います。どっちかというとパワプロの世界観っぽいな。ソフトウェア・エンジニアのケガ率ってなんなのかよくわからないけど。


明日こそはインフルエンザの予防接種にゆきたい。昨日と今日は会議で行けなかった(ずっと会議していたわけではないけど予防接種なんて時間の不確定な予定を入れられなかった)。


1203

お昼から仕事。ちょっと作業してからインフルエンザの予防接種へ。人がたくさん待っていたし、受付で「一時間くらい見てもらってます」と言われたので読書が捗るわいと思っていたのだけど、なんか十五分くらいでサクッと終わってしまった。人がたくさんいたのは健康診断のためだったようだけど、受付の人も裏で「早くね?」とか言ってたし、よくわかりません。合法的に仕事をサボれるチャンスを逸したのは残念です。

仕事は厳しい感じ。共通化できそうな顔をしたクラスがいたので流用させてもらおうとしたら異常な密結合が顔を出したりとか、そういうの。たぶん仕様が曖昧な状態で書き始めたせいで、共通化される領域を見誤ったのだろう。同情はするが心情としては厳しい。
あと、あんまりSwiftを使いこなせていない人が書いたっぽいコードが頻繁に眼に入るのも厳しいです。学習や教育に必要なコストが甘く見られすぎている気がすると、僕は何年か前にも指摘したと思うのだけど、やっぱり変わらないなと思います。未経験でも知能指数高そうな人をつれてきて、ガンガン教育していくしかこの先はないんじゃないか。そんな余裕がもうないとしたら、それはもう。


さて、課題の解決に手間取ってしまったせいでずいぶん帰りが遅くなってしまって、今夜はあまり時間がとれなさそうです。数学はp進距離における有理数体の完備化によってp進数体が導入されましたが、まだp進的遠近感が会得できていない感じがあります。ふみゅう。


1204

お昼から仕事。非常に厳しいがとりあえずこれから一週間がんばればなんとかなるのではないかという話になったので、これから一週間がんばるのでしょう。やだなあ。
Interface BuilderでUIを作ると、どのオプションが変更されてるのかぱっと見でよくわからないから、共同作業がしづらいなあと思いました。AutoLayoutがぶっ壊れる理由がボタンの一つに450pxの透明画像がセットされてるせいでsystemLayoutSizeFittingSizeでサイズ計算したとき画面からはみ出していた(Content Compression Resistanceがデフォルトで750だから潰れてくれないらしい)。なんだそれ。というかこの画像はなんなんだ。不可解だ。

そんなこんなでひさびさに帰りが遅くなってしまいました。やれやれ。


会社の人は僕がとても優秀だ、という共通の冗談をよく言うけれど、僕はそれを聞くたびに「そう言って彼らは僕を嘲笑しているんだな」としか思わない。僕は自分がそこそこ優秀だとは思っているけれど、優秀と呼ばれるほどに優秀だとは思っていない。
とはいえこういう状況に対する適切な対応が発明されていないので、とりあえず素直に喜んで見せているが、それはどうなのか。居心地が悪い。


さて、すっかり遅くなってしまいましたがこれからお風呂に入って髪を乾かさないと寝られません。しまったな、もっと早く帰ってくるべきだった。


1205

僕の会社は13:00からがコアタイムなので、それより遅れると遅刻と判定されるのですが、今朝は12:38に起きて12:58に出社するという誤った成功体験を獲得してしまいました。これはよくない。


お昼から仕事。なんかいろいろ。とりあえず大きな領域をだいたい終わらせられたので、多少は活躍できているのかもしれません。もう一つ大きな領域(でも仕様書見た感じたいしたことなかったぞ?)をあと四日くらいで倒せばなんとか通常くらいのスケジュールに戻れるそうです。フムン。

終わったあとチームの人とだらだら話したりしました。この会社はどうなってゆくんでしょうね、とか。うーむ。
僕としたところで、拾ってもらってずいぶんよくしてもらっていることには感謝の言葉もないけれど、かといってここにいたって幸福にはならないんじゃないかなあという気はする。かといって転職とか嫌だなあと思う(そもそも就活なるものがまったくできなかったからここにいるわけだし)。二兆円が降ってきたらニートになるんだけども。


さて、やっと週末。もうちょっと休めば身体の具合がよくなりそうな気がするんだよね。あとアニメを観たり数学をしたり。そういえば数学はついにノートが一冊おわりました。書き始めたのが11/06らしいので、ちょうど一ヶ月ということになります。やったね。
昨夜は逆極限が圏論的な意味での極限になっていることを示したのと、Z/p^nZの逆極限からp進整数を作るところまで進みました。うーん、ZとかQで変換して黒板書体になってほしいなあ、辞書登録するか?(それもアホらしい気がする、でもäとかßとかはAE/SSで登録したしな、そう考えると妥当かもしれない)


1206

夕方まで寝て、それから数学をしています。p進整数Zpの性質をいくつか。稠密とか閉包とかの言葉にあまり馴染みがないのでちょっと証明に手こずっています。


またちょっと風邪っぽい。お酒飲みたかったんだけどな。はー。今夜はアニメを観つつ数学。そういえば「楽園追放」が家でもiTunesのレンタル機能で観られるらしいので、今夜観ると思います。


1207

昨晩は「楽園追放」を観ました。まあ、基本的な流れはとても素直で、「未成熟な仮想現実に不満を抱いて地上に残った人々もいました」的な遠未来昔話という感じで、アンジェラさんがそれでいいならいいんじゃないでしょうか、みたいな。仮想現実に制約がいろいろあるのはまったく仮想現実にとって本質的な事柄ではない、と僕は信じているので、これがただの昔話になることを願ってやみません(どうせ僕には関係のない未来の話だけれども)。
とはいえ映像とストーリーは魅力的なので(かわいかった)、そういう話ということならそれでいいのかな、とも。


夕方まで寝ていましたが風邪いです。今日はなんか手続きめいたことを二三しました。あとすこしだけ仕事のコードを見ました。案外余裕があるような気がなぜかしていたのだけど、そうでもないような気がしてきました。


ふーむ。


1208

あまり眠られなかった感じだったけど案外気分は悪くなかったのでよかった。

昨夜はlumino cityというゲーム( http://www.luminocitygame.com/ )を買って遊んでいたので数学はしていません。このゲームはよいです。謎解きアドベンチャーゲーム?(アドベンチャーゲームってなんなのか知らずに言っています)なんだけど、グラフィックがとても素敵。こんなのがリアルタイムでできるんですね。すごいや。
今夜もこれで遊んで数学しなさそう。そもそも帰るの遅くなっちゃったから時間あんまりないし……


お昼から仕事。僕の担当画面二つのうちの一つがほぼ終わりだなーと思っていたのだけど、細かい不具合にけっこう手間取ってしまって結局一日かかってしまいました。Swiftのビルドの遅さは、まっすぐ書いているうちはそれほど気にならない(一息つく時間になるし)けれど、不具合対応で試行錯誤しているときはほんとうにフラストレイションだなあと思いました。フラストレイション。
ともあれこれで本当に一つは終わりなので、あと三日がんばってもう一つをやります。がんばる。